[障がい者スポーツ]
伊藤数子「一方が“してもらい”、他方が“してあげる”という関係はない」

丸山さん<左から2番目>のグループは4人で構成。丸山さんの左隣が谷尾さん、右隣が茂樹さん

 昨年から「挑戦者たち」をサ ポートしていただいている清水建設に、パラスポーツと深く関わっている方がいる。その話を聞いた私は、是非ともその方にお会いしたいと思い、ご紹介いただ きました。その方とは名古屋支店土木部の所長を務める丸山敏男さんです。名古屋へ、インタビューに行くつもりでいた私に、電話口で丸山さんは「ぜひ現場に 見に来てくださいよ!」と一言。「もっともだ」と思い、「雪のつどい」を見学するため、3月、長野県志賀高原のスキー場へ行ってきました。

 今年で40回目の「雪のつどい」は、和歌山県内にある特別支援学校の職員などが企画し、1976年からスタートした障がい者向けに数日間行われるスキー教室です。丸山さんが初めて参加したのは20年前。スキー上級者である丸山さんが、奥様の友達である特別支援学校の教諭から参加の依頼を受け、実現したそうです。当初、丸山さんは軽い気持ちで参加しました。が、その日以来、毎年、欠かさず「雪のつどい」に参加することになるのです。

 20年前の「雪のつどい」は丸山さんにとって、障がいのある人との初めての交流でした。それまでは障がいのある人に対し、どこか悲観的で暗いというイメージを持っていたそうです。しかし、その時に受けた印象はまったく逆のものでした。障がいがあることをまるで感じさせない。参加者が皆、底抜けに明るかったんです。丸山さんは“大きな思い込みだった。世の中には知らないことがたくさんあるんだな”と感じました。「雪のつどい」に行くたびに、教えられることばかり。刺激を受けて帰ってくる。丸山さんにとって、年に一度、今ではなくてはならない大切なイベントになったそうです。

丸山さん<右>らの指導で谷尾さん<左>のスキーの腕前はかなり上達

 また、「雪のつどい」が人生の分岐点となった人がいます。丸山さんのご子息・茂樹さんです。茂樹さんが、初めて参加したのは17歳の時。最初は全く乗り気ではなく、「お父さんに無理やり連れて来られた」のだそうです。しかし、最終日、思いもよらないことが起きました。同室だった知的障がいのある中学生が、突然茂樹さんにボコボコと殴りかかってきたのです。見ると涙を流しながら、「帰らないで!」と何度も繰り返し、最後は強く抱きついてきました。その真っすぐな思いに、茂樹さんは心を突き動かされたそうです。そんなことがあって、高校生だった茂樹さんは教員になろうと決心し、教育大学に進学。大学で音楽と出合い、現在はプロのミュージシャンです。「自分はこの人生を歩んできて、すごく良かったと思っています」と語る茂樹さん。今も毎年のように、たとえ1日でも「雪のつどい」に参加しています。茂樹さんにとって、ここは初心に帰れる場所なのだそうです。