『帳簿の世界史』商人のジレンマ

レビュアー:内藤 順

長らく営業の仕事をしていることもあって、売上や原価といった数字管理はお手の ものなのだが、我が家の家計のこととなると話は別である。自分が月々いくら本代に使っているのか知らない。エンゲル係数も知らない。家計簿をつけようとも 思わない。自分でもよくぞ、おめおめと生きているものだなと思うが、自らの欲望の痕跡を直視することが恐いのだ。

このままではヤバいことくらい、分かっている。だが、どれだけヤバいのかを客観的に知りたければ、歴史に敵うものはない。そこで、本書である。

会計と歴史、双方の知見を持つ著者によって手掛けられた『帳簿の世界史』は、ア ダム・スミス、カール・マルクス、マックス・ウェーバーといった面々が口を揃えて主張した帳簿の力を紐解いた一冊。アクセスログやライフログといったログ 全盛の現代社会に、帳簿という最も古典的なログの重要性を描き出す。

数多くの歴史で見られる光景のご多分に漏れず、帳簿の歴史もまた「やり直しのく り返し」であったと言えるだろう。めざましい会計の改革によって一定の成果を上げたかと思うと、いつのまにか怪しい闇の中に引っ込んでしまう。そんな螺旋 階段を少しずつ上りながら、帳簿は進化を遂げてきた。

だが、他の歴史と一線を画すのは、これほど地味な存在でありながら、常にその時 代に隆盛を誇っていたものに寄り添い、唯一対峙できるポジションに位置していたことである。そして、良質な会計慣行や商業文化が根付き、やがて消え去るま でのターニングポイントにおいては、いつも帳簿を司るものたちにジレンマが突き付けられていた。

14世紀のイタリアで巨万の富を築いたトスカーナ商人のダティーニ。彼の帳簿は既に複式簿記で記述されていたと言われ、この時代に近代的な会計と情報時代が誕生したことを示唆している。そんな彼が感じていたジレンマは、利益と宗教との狭間にあった。

なにしろ当時は、金を扱う職業や会計慣行の大半が教会法に違反するとされた時代 のことである。彼は高利禁止令をすり抜けるために両替商で利益をあげ、その多くを貧困と根絶するための善行にも捧げたという。彼をしても金勘定は汚らわし いとするキリストの教えから、逃れることは出来なかったのだ。

フィレンツェ屈指の名家として知られるメディチ家。彼らが歴史の表舞台から姿を消していく過程にも、ジレンマは存在した。コジモ・デ・メディチを悩ませていたのは、商売に必要な会計知識と神聖なる学問のどちらをとるかということであった。

ルネサンス期に流行した新プラトン主義は、人間の栄光は芸術、文化、政治的業績に基づくとされ、現実的な商業は軽視される傾向にあったという。コジモもその流れに飲み込まれ、会計文化をメディチ家の中で引き継がなかったことにより、没落への引き金が引かれたのである。

そしてフランス・ブルボン朝の最盛期を築いた、ルイ14世の時代。この栄華の背景にコルベールという名宰相の存在があったことはよく知られているが、ルイ14世自身も簿記も理解し、好んで帳簿を持ち歩いていた程であったという。