いつか日本のスポーツ界に貢献を
BLFスカラーシッププログラム
決定! 第一号奨学生が目指すもの

夢を追いかける若者を応援したい

NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション(BLF)では、「BLFスカラーシッププログラム」という留学生サポート制度を設けています。

第1回BLFスカラーシッププログラム合格者の根本貴志さん。「たくさんのことを経験したいです。不安はもちろんありますが、全てのことにチャレンジしていきたいです」と抱負を語った。

これは、海外(おもにアメリカ)でスポーツマネージメント、トレーニング、コーチングなどを学び、将来日本のスポーツ界に貢献したいと考えている学生に向けて、留学費用の一部を負担するプログラムです。

留学には莫大な費用がかかるものですが、夢を追いかける若者の経済的な負担を少しでも減らし、夢を叶えるサポートをしたいという思いから、このプログラムを導入することになりました。

2015年度の当プログラムでは、留学斡旋業者であるアスリートブランドジャパン株式会社に協賛していただくことになり、その協賛金がそのまま奨学金として充当されることになりました。

昨年の10月よりBLFの公式ウェブサイトで2015年度奨学生の募集を行い、3月に書類選考を行った結果、今回の奨学生は仙台大学4年(当時)の根本貴志さんに決定しました。根本さんはこの夏からウエストバージニア大学の語学プログラムに通い、その後グレンデール大学で英語を学びながらアスレティックトレーニングのノウハウを学びます。