雑誌
角川ドワンゴ・川上会長の妻ほか。実名公開!「霞が関の有名キャリア官僚」を紹介します
総務省の「筋肉マン」とんでもない天才、超絶美人も歩いている

この人たちを知らなければ「モグリ」です

官僚なんて、みんな似た者同士でしょ、なんて思ったら大間違い。実際に、霞が関で有名な官僚たちの評判を聞くと、美女に趣味人、作家、プレイボーイと、その実態は実に多士済々だった。

クール・ジャパンの女神

「霞が関の役人」と聞けば、受験エリートたちが集まる秀才集団で、志は高いが、融通が利かない官僚組織—そんなイメージを抱いている人が多いのではないか。

だが、どんな組織にも例外はある。従来のイメージを覆す「異端児」であり、それゆえに霞が関の「有名人」となっているキャリア官僚たちの素顔を紹介しよう。

まず、須賀千鶴氏。経済産業省商務情報政策局メディア・コンテンツ課課長補佐のキャリア官僚だ('03年入省)。彼女を知る経産省中堅官僚がこう評する。

「茶髪だし、ノースリーブ姿で通勤するし、いくら他の省庁に比べて経産省に『変人』が多いといっても、正直、とんだギャルが入ってきたというのが第一印象でした」

須賀氏が注目されるのは、見た目だけではない。'13年にはネット向けコンテンツ配信会社ドワンゴの会長、川上量生氏と結婚し、話題になった。もちろん、仕事の面でも有能だという。

自身が経産省の元官僚('98年・旧通産省入省)で、三重県知事に再選された鈴木英敬氏は先輩として仕事をともにした。

「見た目こそ、いい加減そうに見えるんですけど、実際はそうではありません。私が経産省にいた時代、彼女はLEDの普及といった省エネ対策や、海外から投資を呼びこむ国際租税関係の仕事をしていましたが、他省庁の官僚を巻き込んでプロジェクトを進めるのがうまかった」

経産省は近年、日本のアニメやマンガを世界に売り込む「クール・ジャパン戦略」に熱心だ。須賀氏はその2代目の女性担当者。「ニコニコ動画」を運営するドワンゴ創業者の夫人らしく、積極的にメディアやシンポジウムに登場し、海外における日本のブランド強化の必要性を訴える。前出の中堅官僚が言う。

「元々、経産省内に『クール・ジャパン戦略室』を立ち上げたのが、現在は商務情報政策局サービス政策課課長補佐の高木美香('02年入省)。米スタンフォード大学のMBAをもっていて、英語が抜群。ちょっと『不思議ちゃん』ですが、彼女もスレンダーな美女です」

霞が関の内外に知られる官僚と言えば、「ジャニーズのアイドルグループ『嵐』の櫻井翔の父親」もよく名が通った人物。「櫻井パパ」の愛称で親しまれる櫻井俊氏('77年・旧郵政省入省)は現在、総務省ナンバー2の審議官ポストだ。

「今夏には事務次官に就任する可能性も取り沙汰される、同省のエースです。といっても万事そつなくこなすタイプで、そこまで仕事ができる印象はないんですけどね」(総務省担当記者)

その総務省には知る人ぞ知る有名人が、もう一人いる。それが「総務省の筋肉マン」の異名を持つ、現・内閣官房審議官の黒田武一郎氏('82年・旧自治省入省)だ。

「入省後、地方財政を所管する自治財政局の本流を歩んできたエリートです。'00年から5年間、熊本県の副知事も務め、将来的には事務次官もありえます。剣道は四段、合気道は五段、計九段の『武闘派官僚』。官邸からは『事務次官にはもったいない。安倍総理のボディガードに』なんて言われています(笑)。といっても、黒田氏はかつて総務相を務めた菅義偉官房長官との関係もよく、今は『菅のボディガード』と呼ばれています」(前出・担当記者)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら