大塚英樹の「成功するトップの絶対条件」=11
小林章一(アルビオン社長)
社員が主役

危機をチャンスに変えた好調企業のトップたちは、どこが違うのか? なぜ、このトップたちは、会社を成功させ続けることができるのか? 500人以上の経営トップに密着したジャーナリスト・大塚英樹氏の近著『「使命感」が人を動かす 成功するトップの絶対条件』で明かされた、11人のトップそれぞれの「答え」とは何か? 短期連載でお届けする。第11回はアルビオンの小林章一社長に学ぼう。

「社員満足度」重視の経営

 経営者の使命は、顧客にとって価値ある商品とサービスを提供することだ。それを実現するのは社員である。それだけに、社員のモチベーションが鍵を握る。

 社員は、会社の命令や指示では動かない。たとえ動いても「やらされ感」があるため、自発的な動きではない。モチベーションが高まるのは、納得したときだけだ。社員が自分の頭で考え、自らの責任で行動する。そんな企業風土をつくれば、目標を達成したときの達成感は深い感動に変わる。仕事に楽しさを見出し、生き甲斐を感じるようになる。その結果、会社へのロイヤルティが高まり、モチベーションは高まり、一層やる気が出てくる。会社の業績も上がり、給料も上がり、大いなる満足感が得られる……。

小林章一(こばやし・しょういち) アルビオン社長。1963年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、1986年、西武百貨店に入社。1988年、株式会社アルビオ ン入社。1991年、取締役に就任。1995年、常務取締役、マーケティング本部長に就任。1999年、営業本部長。2004年、代表取締役副社長。 2006年より現職に。2014年より東京農業大学客員教授も務める。写真提供/アルビオン

 小林は、社員の満足度を大切にしている。同社が増益更新を続ける要因の一つは、「社員が主役」の会社づくりにある。社員のロイヤルティ、モチベーション、情熱、連帯感、チームワーク、それに何よりも顧客第一主義からくる顧客への感謝が見事に息づいている。

 企業風土を築いているのは、18人の支店長だ。

会社の顔である支店長が中心となって、社員の心を燃やし、社員がシナリオを描いて、自発的に行動するような環境を作っている。支店長は営業の仕事を、「取引先の店との信頼関係を作ること、店にいかに接客してもらうかに腐心すること」だと考えている。

そして、現場を鼓舞すると同時に、現場の情報を逐一トップに上げ、変化の実態を伝えている。いわば私の言う“№2”の役割を果たしている。

 小林の「社員満足」への腐心は随所に表れる。例えば2014年6月には、3000人の全社員に一律10万円の一時金を手渡している。8%への消費増税の影響で業績が低迷する化粧品業界の中、同社は営業利益(13年度)を前年同期比70%増へ拡大させた。一時金は、社員の努力に報いる「報奨金」だ。社員は、目に見えるかたちで、努力したと実感できる。折々、良い循環を起こしているということが、社員に実感できるように気を付けていくことが大事だという。

 小林は、いかに小さな成果であっても、社員に成果が得られていることを実感できるようにして情熱を喚起する。毎年各支店で選ばれた「最優秀美容部員」を全員、伊豆・修善寺(静岡県)の老舗宿に招待、慰労するのもその一つだ。