大塚英樹の「成功するトップの絶対条件」=10
大野直竹(大和ハウス工業社長)
世に役立つ事業に、利益は付いてくる

危機をチャンスに変えた好調企業のトップたちは、どこが違うのか? なぜ、このトップたちは、会社を成功させ続けることができるのか? 500人以上の経営トップに密着したジャーナリスト・大塚英樹氏の近著『「使命感」が人を動かす 成功するトップの絶対条件』で明かされた、11人のトップそれぞれの「答え」とは何か? 短期連載でお届けする。第10回は大和ハウス工業の大野直竹社長に学ぼう。

川上から川下まで、世の中に役立つビジネスを展開

 企業の経営者には、オーナー経営者型とサラリーマン経営者型の二つのタイプがある。前者には、トップがカリスマ的で、自身が規律そのものであり、強烈なリーダーシップを発揮して、一人ですべての状況を把握し、指示を下していくタイプの企業が多い。重要なのは、この場合、意思決定について、従業員が予測できる可能性は低いということだ。

大野直竹(おおの・なおたけ) 大和ハウス工業社長。1948年、愛知県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、大和ハウス 工業入社。以降、静岡支店建築営業所所長、新潟支店長、横 浜支店長などを経て、2000年、取締役。2001年、住宅事業本部副本部長、大阪本店長、近畿地区長。2004年、専務取締役、営業本部副本部長、東京 支社長。2007年、代表取締役副社長、営業本部長。2011年より現職。  写真提供/大和ハウス工業

 それに対して後者には、トップと従業員の双方を律する企業文化が企業に埋め込まれており、社員がそれにしたがって仕事をするタイプの企業が多々みられる。持続的成長を維持していくためには、このタイプに移行していくことが求められるようになる。

 その点、カリスマリーダーだった創業者の石橋信夫が他界して13年目になる大和ハウスは、明らかに後者の類型に移行している。では、同社に埋め込まれている企業文化とは何か─。

 大野直竹に、石橋信夫から遺伝子として引き継がれている重要な点は何かと問うと、「“世のため、人のため”という精神」と答える。

「手掛ける事業はすべて社会に役立つ、社会のための事業でなくてはならない。全社員が自発的に考えるよう、繰り返し訴えています」

 その精神はどこから生まれるのか。石橋信夫は語っている。「顧客の立場に立って商品をつくれ」「顧客は王様である」(著書『不撓不屈の日々』日本経済新聞社)。顧客の立場を原点にしてものを考え、商品やサービスを正しく提供する。自分が顧客の立場だったら、こうしてほしいと思うことをやるのがサービスである。つまり、顧客の立場に立って考えて、正しくやると、結果的に「世のため、人のため」の仕事になるはずだというわけだ。

 その精神は、戸建て住宅、賃貸住宅、マンション、物流・事業施設、商業施設など、コア事業で発揮されている。例えば、テナント企業と土地オーナーを結びつける同社独自の流通店舗事業。衣服、メガネ、ドラッグストア、ファミリーレストランなど、土地を借りて店舗を経営したいテナント企業と、土地活用を考えている土地オーナーを結びつけ、店舗を建てる事業である。