大塚英樹の「成功するトップの絶対条件」=9
根岸秋男(明治安田生命社長)
世のため、人のため

危機をチャンスに変えた好調企業のトップたちは、どこが違うのか? なぜ、このトップたちは、会社を成功させ続けることができるのか? 500人以上の経営トップに密着したジャーナリスト・大塚英樹氏の近著『「使命感」が人を動かす 成功するトップの絶対条件』で明かされた、11人のトップそれぞれの「答え」とは何か? 短期連載でお届けする。第9回は明治安田生命の根岸秋男会長に学ぼう。

「社会に役立ちたい」という「志」と率直さ

 成長を遂げる企業の経営者に共通するのは、「社会に役立ちたい」「社会のためにこういうことをやりたい」という「志」を立てていることだ。

根岸秋男(ねぎし・あきお) 明治安田生命取締役代表執行役社長。1958年、埼玉県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、1981年に明治生命に入社。保険料の算出等を行うアクチュアリー (保険数理士)出身。商品課長時代に、保障と貯蓄機能を分けた画期的な新型商品「ライフアカウントL.A.」の開発を主導。滋賀支社長、企画部長、営業企 画部長、執行役、常務執行役を経て、2013年より現職。写真提供/明治安田生命

 根岸も、一貫して「世のため、人のため」に役立つ人間になりたいという「志」を持ち続けている。志は不変だが、達成手法は与えられた使命や役割によって異なる。

 アクチュアリー、管理職、役員時代……と各時代での使命をしっかり果たし、現在は第四ステージの経営トップとしての役割、「世のため、人のため」という自発性の企業文化を企業に埋め込むことに挑戦する。

恒常的に利益を上げることは大前提だが、利益が上がりさえすれば何でもよいというわけではない。継続的社会貢献を行うには、手段として利益が必要と考える。

 根岸の掲げる「アフターフォローの強化」「新分野のマーケット開拓」「ブランド力の強化」などは、志を果たす不可欠なビジョンなのである。

 根岸が志を抱くようになったのは、中学生の頃から坂戸市(埼玉)発展のため、一所懸命に働く市会議員の父親の姿を目の当たりにしてきたからだ。同社に入社したのは、早稲田大学で専攻した数学で社会に役立ちたい、また13年続けたアクチュアリーの道を放棄し、営業へ転出したのも、企業改革で社会に役立ちたい、と思ったからである。

 重要なのは、志を果たすプロセスである。まず難関のアクチュアリー試験を六年かけて突破したこと。同社の約60人のアクチュアリーは、各人とも試験に合格するのに7~10年を要している。

「論文以外は一発で合格しましたが、論文試験に合格するまで6年かかりました。論文は『生命保険における解約控除のあり方について考察せよ』などというもので、答えがない。いかに論理的に展開して自分なりの答えを導くか、という論理思考を求めている。私は国語が苦手で、思っていることをうまく表現できない。このままでは絶対受からないと思い、先輩にお願いして論文を添削してもらいました」

 87年に合格して以来、アクチュアリーの道を究めようと努力を重ねた。

 そんな根岸が営業へ転身したのは、発言力の弱いアクチュアリーに限界を感じたということもあった。