大塚英樹の「成功するトップの絶対条件」=8
金川千尋(信越化学工業会長)
組織を変えるヒマがあれば、人材を考えよ

危機をチャンスに変えた好調企業のトップたちは、どこが違うのか? なぜ、このトップたちは、会社を成功させ続けることができるのか? 500人以上の経営トップに密着したジャーナリスト・大塚英樹氏の近著『「使命感」が人を動かす 成功するトップの絶対条件』で明かされた、11人のトップそれぞれの「答え」とは何か? 短期連載でお届けする。第8回は信越化学工業の金川千尋会長に学ぼう。

少数精鋭のプロ集団

 金川千尋の掲げる経営ビジョンは、「世界に通用する企業になる」である。

金川千尋(かながわ・ちひろ) 信越化学工業代表取締役会長。1926年、日本統治下の朝鮮・大邱に生まれる。東京大学法学部卒業後、極東物産(現三井物産)を経て、1962年、信越化学工業に入社。1978年、塩ビ事業の海外子会社、米国シンテック社長に就任。塩ビ事業を世界最大規模に成長させる。1990年、シンテック社長と兼務で信越化学工業代表取締役社長に就任。2010年より現職。 photo 岡田康且

 そのビジョンは見事に実現され、信越化学は塩ビと半導体シリコンウエハーで世界1位、シリコン樹脂は日本で1位、電子材料、有機合成も世界的高シェアを堅持する優良企業になった。

 金川と信越化学が、新規事業に注力すると同時に、技術力と生産性の向上に一所懸命に努力してきた結果である。

とりわけ金川が腐心してきたのは生産性向上で、それは合理化を徹底的に追求するという考え方で達成してきた。

 金川流マネジメントの最大の特徴は「少数精鋭主義」にある。

 その集大成とも言うべき会社が、米国の塩ビ製造販売子会社「シンテック」だ。

 前述したように、売上高2956億円、年産263万トンの世界№1の塩ビメーカーにもかかわらず、従業員はわずか約50人。代金回収はすべて金川の秘書が兼務でこなし、経理・財務も数人で行うといった具合に、極限まで合理化している。

 その結果、経常利益率19.9%(13年12月期)という利益力世界一の会社になった。合理性を追求してきたシンテックこそ、金川流の原点となった会社であり、信越化学の成長モデルとなった会社なのだ。かつて金川は人材について私にこう語った。

「少数精鋭を徹底することが最重要。社長になったときに真っ先に手を付けたのが『人』の問題で、毎年600人採っていた新卒採用を一気にゼロにしました。明らかにムダな人員を採用していたからです。要らない人は採らない、要らない組織はつくらない。経営の原理原則です」

 因みに、同社のここ数年の新卒採用は研究・製造部門を中心に毎年60人前後である。

 金川は、少数精鋭を実現するにはプロの人材を育てることだと明言する。それには長く一つの仕事を担当させ、その分野の能力を磨いてもらうのが合理的だと訴える。

 興味深いのは、部門間の異動はムダであり、意味なく人をローテーションさせる定期的な異動は最も悪い人事だと考えていることだ。