大塚英樹の「成功するトップの絶対条件」=7
松本南海雄(マツモトキヨシホールディングス会長)
時代に合わせて企業環境も変える

危機をチャンスに変えた好調企業のトップたちは、どこが違うのか? なぜ、このトップたちは、会社を成功させ続けることができるのか? 500人以上の経営トップに密着したジャーナリスト・大塚英樹氏の近著『「使命感」が人を動かす 成功するトップの絶対条件』で明かされた、11人のトップそれぞれの「答え」とは何か? 短期連載でお届けする。第7回はマツモトキヨシホールディングスの松本南海雄会長に学ぼう。

時代に合わせて企業環境も変える

 成長する企業の経営者は、事業の「かたち」が時代に合わなくなったと確信すると、事業の本質まで立ち戻って、環境の変化を踏まえてかたちを考え直す。つまり、原点回帰する。

松本南海雄(まつもと・なみお) マツモトキヨシホールディングス会長。1943年、千葉県出身。日本大学理工学部薬学科卒業。マツモトキヨシ創業者・松本清の次男。長男が駆け落ちして勘当されたため(後に許される)、急遽、薬学部に進学させられ、家業を継ぐことに。2001年、社長に就任。2007年よりマツモトキヨシホールディングスの社長も兼務。2014年より会長。日本チェーンドラッグストア名誉会長。 photo 菊池修

 松本南海雄は、その典型例だ。高齢化社会、医療費高騰、医療保険制度の制度疲労……社会・環境の変化を新たな発展のチャンスと捉え、事業のかたちを変革させている。

 きっかけとなったのは、2009年6月の改正薬事法の施行だ。

それにより風邪薬、胃腸薬など大衆薬の大半は、薬剤師不在でも、資格を持った「登録販売者」が常駐していれば売れるようになった。その結果、スーパーマーケット、ホームセンター、家電量販店などが一斉に医薬品販売事業に参入、大衆薬品は安売り競争時代に突入した。

 量販店の中には、通常価格の5~6割値引きで売る店も現れた。従来、医薬品を通常価格の3、4割値引きで売り、価格競争力を武器にしてきた同社は“安売り合戦”で窮地に追い込まれた。大衆薬品で利益を出すのが難しくなってきたからだ。

 松本は原点回帰し、価格競争力依存の成長戦略から、専門性を前面に打ち出す戦略へ切り替えた。