大塚英樹の「成功するトップの絶対条件」=6
伊東信一郎(ANAホールディングス代表取締役会長)
「サービスが先、利益は後」の使命感

危機をチャンスに変えた好調企業のトップたちは、どこが違うのか? なぜ、このトップたちは、会社を成功させ続けることができるのか? 500人以上の経営トップに密着したジャーナリスト・大塚英樹氏の近著『「使命感」が人を動かす 成功するトップの絶対条件』で明かされた、11人のトップそれぞれの「答え」とは何か? 短期連載でお届けする。第6回はANAホールディングスの伊東信一郎会長社長に学ぼう。

「サービスが先、利益は後」の使命感

 持続的に繁栄している企業の経営者は必ず、強い使命感を持ち、それに支えられた情熱を持っている、とこれまで何度か述べてきた。

伊東信一郎(いとう・しんいちろう) ANAホールディングス代表取締役会長。1950年、宮崎県出身。九州大学経済学部卒業後、全日本空輸に入社。人事部を皮切りに、営業、整備管理、ダイヤ編成 などの現場を経て、1999年より社長室事業計画部長、2001年より人事部長などを歴任。2007年、代表取締役副社長。2009年、代表取締役社長。 2013年よりANAホールディングス代表取締役社長、全日本空輸取締役会長。2015年現職に。 photo 菊池修

 使命感がなく、野心だけでトップになった人間は、権力を握った瞬間から必ず堕落する。

 では、使命感はどこから生まれるのか。

 オーナー経営者の場合、意思決定の責任の所在が自分にあることから生まれる。

 決めるべき人はオーナーで、責任を取るべき人もオーナーであるからだ。一方、サラリーマン経営者の場合、使命感は「世の中、社会のため」という企業文化から生じる。

 伊東信一郎は、「世のため、人のため」という創業以来の企業文化を継承するための使命感を持っている。

『安心と信頼を基盤に世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します』という理念を唱え、「安全は絶対的な使命」と不断の努力を続けているのも、『ANAグループは、お客様満足と価値創造で世界のリーディングエアライングループを目指す』というビジョンを掲げ、その実現に向けて邁進するのも、すべて使命感からである。

 企業にとって、「世のため、人のため」の仕事とは、寄付など一過性の社会貢献を意味するのではない。

 自社の製品やサービスを顧客に提供することを通じた世の中、社会への継続的な貢献である。そのためにはまず、必要な利益をきちんと取ることが、絶対条件となる。

 その点、伊東は、「企業とは利益を上げることを通じて長期にわたり社会に貢献することを目的とする組織」という企業観を持つ。