大塚英樹の「成功するトップの絶対条件」=5
堀 威夫(ホリプロ ファウンダー最高顧問)
なぜか、人が集まる人の共通点

危機をチャンスに変えた好調企業のトップたちは、どこが違うのか? なぜ、このトップたちは、会社を成功させ続けることができるのか? 500人以上の経営トップに密着したジャーナリスト・大塚英樹氏の近著『「使命感」が人を動かす 成功するトップの絶対条件』で明かされた、11人のトップそれぞれの「答え」とは何か? 短期連載でお届けする。第5回はホリプロの堀威夫ファウンダー最高顧問に学ぼう。

大衆のニーズを第一とする〝大衆主義〟

 成長する企業の経営者に共通するのは、自社が取り組むべき事業範囲を、トップが十分理解している範囲に絞り込んでいることである。トップがわからない事業は、決して手掛けない。トップが事業を十分に把握できていなければ、的確な意思決定ができないからである。

堀 威夫(ほり・たけお) ホリプロ ファウンダー最高顧問1932年、神奈川県横浜市出身。明治大学商学部卒業。大学在学中より小坂一也、井原高忠らと学生バンド・ワゴンマスターズに参 加。ギタリストとして活躍。卒業後、1957年、堀威夫とスヰング・ウエスト結成。1960年、東洋企画を設立するが、内紛で追放され、後に堀プロダク ション(現・株式会社ホリプロ)を設立。代表取締役に就任。2008年より現職。 photo 中野和志

 堀も、現場の実態を体感し、把握できている事業だけを手掛けてきた。新しい事業に着手する際にも、事前に現場に頻繁に足を運び、最前線の生情報を肌で感じ取り、意思決定を行うことを不可欠とした。

ホリプロの事業が、芸能タレント、スポーツ選手、文化人等のマネジメント、音楽・映画・TV番組制作、イベント・舞台・ミュージカルの企画制作など、堀が現場感覚を持ち、十分把握している事業ばかりとなっているのは、そのためだ。

 重要なのは、堀がターゲットにしているマーケットは、「大衆」であるということだ。楽しさと面白さを大衆に提供することを不動不変の理念として、愚直に守り抜いてきた。その結果、山口百恵、和田アキ子など大衆が熱狂するスーパースターを次々と誕生させ、「ピーターパン」や「ムサシ」など大衆が喜び、感動するミュージカルや演劇を行ってきた。

顧客である大衆は何に関心を寄せ、何に喜び、怒るのか。大衆を起点にしてものを考える“大衆主義”といわれる所以である。

「大衆というのは偉大な存在。世の中には優れた素質と才能を持った人はたくさんいる。けれども、いかに優れた人でも、大衆が求めていないときに世に出しても、スーパースターにはなれない。大衆が求めているちょうどそのタイミングに才能、素質がピタッと合致したときにのみ、スターが誕生する。ホリプロの数々のスーパースターも、自分たちが彼らの才能を引き出して作り上げてきたと思ってきた。けれども、それはわれわれの思い上がりでした」

 例えば、昭和30年代に三橋美智也、島倉千代子といったスターたちの歌が大ヒットしたのは、高度成長時代の夜明け前で、農村から都会に働きに出た若者の故郷を懐かしむ心を捉えた、まさに大衆のニーズに合致した歌だったからだ。山口百恵、森昌子……いつの時代も、大衆のニーズのあるところにヒット曲は生まれる─。

 堀は、ホリプロを大衆文化の向上に貢献する会社にしたいと思い続けてきた。そのため、時代によって変化する、大衆の求めるものを嗅覚で嗅ぎ分けられる人間の集団にしなければならない。時代の変化を肌で感じ、嗅覚を鍛えなければならない。