雑誌
クルマ界歴史の証人 トヨタの新車開発秘話 初代ソアラの開発主査 PART2-2

岡田氏の妥協のないこだわりがヒットに結びつく

こうして名前もマークも決まり、大阪モーターショーでは大きな反響を得て初代ソアラは1981年2月にデビューすると、もっとも高価な2800GT エクストラがどんどん売れた。300万円に届こうかというモデルがなんと7割ぐらいを占めた。それまで排ガス規制でがんじがらめになっていたクルマしかな かった時代に、2・8ɜの直6DOHCを積んだクーペが登場したのだから驚きだっただろうし、市場が渇望していたクルマだったんだ、と感じた。私の思いが 通じたと確信できた瞬間であり、ようやく胸をなで下ろすことができた。

トヨタ店とトヨペット店の両方で発売したのだが、当初からとにかく凄かった。今でもあんなに賑わったディーラーを見たことはない……というほどの盛 況ぶり。それもお客様たちが自分からディーラーにやってくる。「このクルマは値引きできないんですよ」というと、客が「わかりました」と納得して買ってく れる。100万円弱のカローラを1台売るためには、何度も家を訪問し、値引きは当然、オプションやサービスも付け、本当に苦労しながら商談がようやく成立 するのに、ソアラは販売するコストがほとんどかからないといわれるほど売れた。少し経過してから私は全国の主要ディーラーを巡ったが、各ディーラーの社長 からは本当に感謝された。この予想を遙かに超えるヒットはやはりソアラが持っていた数多くの噦妥協のない、こだわり器と、登場するタイミングがよかったの だろうと思う。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら