雑誌
クルマ界歴史の証人 トヨタの新車開発秘話 初代ソアラの開発主査 PART2-1
白洲次郎氏からの一通の手紙

日本の自動車業界およびモータースポーツの勃興期に活躍され、多大な功績を収めた先輩方に語っていただく本企画。開発主査として初代ソアラを世に送り出した岡田稔弘さんの第2回目は、初代ソアラの誕生前夜とデビュー後の状況、白洲次郎氏とのエピソードを語っていただいた。

今回の証人岡田稔弘とは?

現在、トヨタ博物館に展示されている初代ソアラ2800GTエクストラの横で。協力/トヨタ博物館

1935年、群馬県桐生市生まれ。名門、桐生高校から京都工芸繊維大学へと進み、卒業後、1959年にトヨタ自動車工業入社。カローラ、コロナ、クラウンなど、まさに日本のモータリゼーション興隆期の真っ只中で多くのヒット作のデザインに携わる。1964年には「アメリカアートセンターカレッジ」に1年ほど社員として留学経験を積み、帰国。

トヨタ2000GTの「ボンドカー誕生」への寄与したほか、国内での乗用車開発でデザインを担当。そして主査として初めて担当した初代「ソアラ」を1981年、世に送り出す。当時としては「革新的なカーエレクトロニクスと高性能なエンジンやサスペンションなどをソアラ専用で開発する」という、まさに贅を尽くしたスペシャルティカーは、それまで欧州車が独占していた超高性能GTというカテゴリーに大きな一歩を記した名車として今も語り継がれる。

その後2代目、3代目とソアラ開発に携わり、現在のレクサスにつながるプレミアブランド確立の先駆けとなった。現在、槌屋顧問。今回は初代ソアラが誕生し、各方面から多くの声が寄せられ、そのなかには偉大な人物も……。