雑誌
クルマ界歴史の証人 トヨタの新車開発秘話 初代ソアラの開発主査 PART1-1
5名の留学生が送り込まれた。向こうの知人宅を訪れた写真で右がトヨタ2000GTのデザインを帰国後に担当する野崎喩さん。岡田さんは左端

今回の証人 岡田稔弘とは?

愛車911(930型)で来られた岡田さん。長身にコートと帽子と相変わらずダンディである

1935年、群馬県桐生市生まれ。名門、桐生高校から京都工芸繊維大学へと進み、卒業後、1959年にトヨタ自動車工業入社。カローラ、コロナ、クラウンなど、まさに日本のモータリゼーション興隆期の真っ只中で多くのヒット作のデザインに携わる。1964年にはアメリカのアートセンターカレッジに1年ほど社員として留学経験を積み、帰国。

トヨタ2000GTの「ボンドカー誕生」に寄与したほか、国内での乗用車開発でデザインを担当。そして主査として初めて担当した「ソアラ」を1981年に世に送り出す。当時としては革新的なカーエレクトロニクスと高性能なエンジンやサスペンションなどをソアラ専用で開発するという、まさに贅を尽くしたスペシャリティカーは、それまで欧州車が独占していた超高性能GTというカテゴリーに大きな一歩を記した名車としていまだに語り継がれることになる。

その後も2代目、3代目とソアラ開発の開発に携わり、現在のレクサスにつながるプレミアムブランド確立の先駆けとなった。現在は株式会社槌屋顧問。今回は初代ソアラ誕生までの証言となる。

日本の自動車業界およびモータースポーツの勃興期に活躍され、多大な功績を収めた先輩方に語っていただく本企画。

今回から開発主査として、初代ソアラを世に送り出した岡田稔弘さんにご登場いただいた。第1回目は学生時代からトヨタに入社し、初代ソアラ誕生前夜までを語っていただこう。

大学で工業デザインを学び'64年にトヨタに入社

絹織物の街として賑わっていた群馬県の桐生で私は生まれ育った。父は私が8歳の時に戦死しているので、幼い頃から身近にクルマがあるような環境ではなかった。ただ、当時の子供にとって、クルマは憧れの存在であり、誰もが経験したであろうが排ガスの臭いが好きで、クルマの後を追いかけて行ったものだ。さらに桐生高校に進んでも、それほどクルマに真剣になることもなく過ごしていた。

そして、いよいよ大学に進学するとなった時、新しい分野である「工業デザインがやりたい」という漠然とした想いがあった。当時は、国立の大学で学べるところが、千葉大学と東京芸大、そして京都工芸繊維大学くらいにしかなかったので、私は京都を選んだ。修学旅行に行った時、街や行き交う女性が美しく大変強く印象に残ったのかもしれないが、工芸学部の「意匠工芸学科」に進学した。今でいうところのインダストリアルデザインを専攻する。クルマが好きだったので、そうすれば、将来、クルマのデザインの仕事に就けるチャンスが巡ってくるかもしれない、と思って、工業デザイン全般を学んだ。

京都での学生時代を終えて卒業するのだが、その1年前、ひとつの運命が動き出す。トヨタのデザイン部門は当時「技術部工芸設計課」と称していた。そこのボスである八重樫課長という人が、卒業の1年前に、突然大学を訪ねてきた。そして「誰かクルマの好きな学生はいないか?」というのである。

そこで私が教授から呼び出された。卒業制作にクルマを選んでいたのは20人ほどいるクラスのなかで、私だけだった。テーマは「小型キャブオーバートラック」。この面接がきっかけで、1964年にトヨタに入社となった。京都から名古屋が近かったからという、ものぐさな理由もそこに付く。もし群馬にいたら?浜にある日産に興味を示していたかもしれないが、とにかく毎日クルマに触れられる生活は私にとって嬉しいものである。確か初任給は1万4500円だったと記憶している。

その頃はデザイン部門といっても10数名しかいなかった。実際、クラウン、そしてトラックぐらいしかなかったのだから、デザインを必要とするクルマも少なく、その体制でも充分だった。しかし、その後の企業規模の拡大強化を考えると、デザイン分野の重要性はトヨタのトップは強く認識し、期待も大きかったのだと思う。私が入社して最初の仕事はクラウンのマイナーチェンジ。サイドモールの変更だけとはいえ、私にとっては嬉しい第1号の仕事である。

が、実は私、この頃にレースドライバーになるという夢もあった。新米デザイナーで「満足に線も引けないのに、何を言っているんだ!」と上司には叱られた。当時はまだ、トヨタのファクトリードライバーなんて存在していなかった。後に「チームトヨタ」のキャプテン、細谷四方洋さん、福澤幸雄さん、川合稔さんなど、多くの名ドライバーが登場する前のことである。まだ本当のレーシングドライバーはいなかった時代に、設計の新米が、ドライバーを目指したのだから叱られてもしかたがなかった。担当の河野主査に「お前と同じようにドライバーになりたいという、自薦で応募してきたヤツがいるよ」と言われ、その人から送られてきたエアメールを見せられた。最初、〝なんで航空便?〟と思いながら差出人を見ると〝浮谷東次郎〟とあった。「もしトヨタがレースをやるなら、ぜひ俺も採用してくれ」という内容だった。

彼はすでにアメリカで武者修行をし、キャリアを積んでいた。そして彼のその後の活躍を見れば、私はなんと向こう見ずな希望を出していたものだと、今にして思えば恥ずかしいことだった。が、それでも当時の私も真剣だ。残念ながら浮谷さんとも直接会うことはなかったのだが、結局のところ私はドライバーの道を諦め、デザイン業務に本気で取り組むことになる。

コロナRT20、パブリカの初代のインテリア、初代のカローラ、3代目のコロナRT40とキャリアを積んでいく。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら