百貨店消費の実態は?高級品や化粧品の販売は底入れ
外国人消費の効果除いた実質はまだ水面下。

消費はもどっていない? photo Getty Images

 昨年4月の消費増税にからんで、駆け込み需要とその反動減があまりにも激しかったために、消費関係の統計ははなはだ実態がつかみにくくなっている。4月21日に日本百貨店協会が発表した今年3月の全国百貨店売上高がその典型で、前年同月比19.7%減という大幅な落ち込みになった。

 昨年3月の売上高はその1年前に比べて25.4%増えていたから、駆け込みによる急増分が剥げたことが減少の主因なわけである。今後発表される今年4月の売上高は、1年前が12.0%の大幅減だったので、今年は間違いなく大きなプラス数字になる。だが、そんな数字の乱高下を見て一喜一憂していても実態は見えない。

2年前の3月と比べると・・・

 そこで、今年3月の売上高を実額で2年前の数字と比べてみた。

 今年3月の全国百貨店売上高は5441億円。2年前は5447億円だから0.1%減とほぼ横ばいだった。アベノミクスが始って百貨店売上高が伸び始めた頃の水準を維持しているわけだ。消費増税の影響で、消費が振り出しに戻ったという見方もできるし、一方で、消費は底割れせずにアベノミクス当初の水準を維持しているという見方もできる。

 そんな中で特長的なのは高級ブランド品などの「美術・宝飾・貴金属」や「化粧品」、ハンドバッグや財布などの「身の回り品」は2年前に比べても伸びていることだ。3月の「美術・宝飾・貴金属」の売上高は306億円と、2年前の261億円に比べて17.2%も増えている。「化粧品」は358億円と300億円から19.1%も増えた。年平均にしても2ケタ近い伸び率ということになる。

  アベノミクスが始まると、百貨店売上高の中でもまっ先に「美術・宝飾・貴金属」の伸びが始まった。円安に伴って株価が上昇し始めたことから、株式を保有している富裕層を中心に財布のひもが緩んだためとみられた。保有資産が増えた分が消費に回ったことから「資産効果」と言われた。この高級品の大幅な伸びは昨年4月の消費増税直前まで続いた。消費増税で大きな影響を受けてはいるが、2年前に比べるとまだまだ高い水準にあるわけで、高級品消費は今も底堅いと見ていいだろう。

 東京や大阪など主要10都市だけをみると3621億円と2年前の3588億円から0.9%増えている。大都市圏を中心に高級品の売り上げが底堅いというここ2年間の傾向を数字は如実に示していると言えるだろう。

  高級品は利益率が高いことから、百貨店の業績にとっては大いにプラスになっている。例えば2月決算の高島屋が4月7日に発表した2015年2月期連結決算は、売上高は9125億円と、前の期に比べて0.9%の増加に留まったが、営業利益は320億円と10.0%増、純利益が225億円と20.7%も増えた。小幅増収ながら大幅な利益増加につながったのは高級宝飾品など収益性の高い商品が大きく伸びたことが大きい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら