中国
オランダ植民地時代の独立運動家を描いた歴史映画に感動 ~2015ジャカルタ見聞録(下)~
〔PHOTO〕gettyimages

【上編】はこちらをご覧ください。
【中編】はこちらをご覧ください。

何となく惹かれて立ち寄った橙色の洋館で

4月19日、日曜日の朝、再び徒歩で市内を回った。Thamrin通り東側のImam Bonjol通りに富裕層の住宅が広がっていると聞いて、今度はそちらを歩いてみることにした。

閑散とした通りの入口角に、珍しく軍のジープが屯していたので、念のため聞いたら、確かにImam Bonjol通りだと、5人くらいが一斉に笑顔で教えてくれた。こちらでは軍人さえも「恐さ」を感じない。

道の両側には、惚れ惚れするような豪邸が立ち並んでいた。たいていは2階建ての南国風洋館で、玄関口には車寄せがある。前庭には、倉庫や駐車場があり、館の奥に中庭や使用人棟が連なっている。

エジプト大使館、ルーマニア大使館など、各国の大使館も少なくない。だが英語表記がある公館以外は、住所を示す番号のみが記されていて、表札も出ていない。もっとも、玄関に表札を出すような平和な国は、日本くらいのものだろうが。

そんな中、橙色の屋根の荘厳な洋館が、通りの角にあった。その邸宅は通りの南側にあって、私は反対側の北側の歩道を歩いていたのだが、何となく惹かれるものがあって、わざわざ通りを渡り、少し引き返して橙色の館の前までやって来た。

その洋館の門は珍しく開いていて、門の右手の警備員らしき男性と目があったら、彼が微笑んだ。そこで何気なく、「中へ入って写真を撮ってもよいですか?」と英語で聞いてみた。そうしたらその男は「Come on!」と言って手招きした。

男についていくと玄関も空いていて、中に入れてくれた。玄関の中に座った別の男が、私に向かって何か話しかけたが、インドネシア語が分からない。すると向こうは3人がかりになって説明を始め、ようやくこの洋館が何らかの博物館であることが分かった。入場料はわずか10,000Rupiahだった。

展示室は4部屋あり、3人がかりで第一の部屋の説明をしてくれた。彼らは必死に英語を話してくれているのだが、その実、英語2割、インドネシア語8割くらいになってしまうので、この部屋が非常に重要な場所であることしか分からなかった。

展示室のパネルの解説もインドネシア語だったが、中にごく一部だけ断片的な英語表記があった。そこには次のように書かれていた。

〈 1945年8月16日午前10時、Bung Karno、Bung Hatta、Ahmad Subardjoの3人は、前田精海将の自宅に集結し、この部屋でインドネシアの独立について話し合った。ところが同席した西村乙嗣海軍少将(軍政監部総務部長)は、「日本はインドネシアの独立を支持する側につけない」と説明。3人は失望しながら前田邸を後にし、即刻自分たちで独立することにした。前田海将は、「私は邪魔したくない」と言って自室に消えた。 〉

これを読んで初めて、この洋館が旧前田邸であることを知った。スマホを取り出して「前田精」を検索すると、ウィキペディアにも載っていて、「現在は独立宣言起草博物館として使われている」と書かれていた。私はここでようやく状況を理解したのだった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら