[プロ野球]
佐野慈紀「緒方カープ、逆襲へ決断を」

丸をポイントゲッターに

 プロ野球は開幕から1か月。いいスタートを切れたチームがある一方、つまづいたチームもあります。僕が優勝予想したオリックスと広島はともに最下位。これは予想外の展開です。

 オリックスは故障者の多さが誤算でした。もともと右ヒジ手術の影響で出遅れていたエースの金子千尋のみならず、フタを開けてみれば抑えの平野佳寿、セットアッパーの佐藤達也も離脱してしまいました。野手もトニ・ブランコ、エステバン・ヘルマン、中島裕之が故障と、これだけ選手がいなくなれば、ベンチも手の打ちようがないでしょう。

 大補強で開幕前から優勝候補と注目されすぎた影響か、チーム全体が調整不足でシーズンに突入してしまった感も否めません。救いは、ケガをした助っ人の代役として、年俸1000万円でBCリーグ群馬から加入したフランシスコ・カラバイヨの活躍。群馬でアレックス・ラミレスからアドバイスを受け、より日本のピッチャーに適応したかたちで戻ってきました。

 ここにきて5連勝もあり、チーム状態は上向きつつあります。故障者が戻ってくるまで、いるメンバーで、いかに上位から離されないように戦うか。それが今後のポイントになるでしょう。

 広島は打線の弱さが響いています。主砲ブラッド・エルドレッドの不在は不安材料でしたが、ここまで攻撃が機能しないとは思いませんでした。球団はメジャーリーグでも実績のあるネイト・シアーホルツを緊急補強したものの、日本のピッチャーに慣れるには時間がかかりそうです。

 先発陣はリーグ屈指なだけに、このままでは投打の歯車がかみ合わないかたちでズルズルいきかねません。援護がないと、ピッチャーは勝ち星が伸びず、負担だけが増していきます。打線のテコ入れは急務です。

 個人的には、菊池涼介、丸佳浩の“キクマル”による上位打線の並びを一時的に解消すべきだと感じます。確かにキクマルの出塁率の高さは魅力ですが、現状は2人が塁に出ても還す役割が頼りありません。そこで丸を5番、もしくは6番に置き、ポイントゲッターにするのです。これでエルドレッドの復帰やシアーホルツの適応を待つべきでしょう。