雑誌
話題の書『ドキュメント パナソニック人事抗争史』を、津賀一宏社長はどう読んだのか? 感想を直撃した

右がパナソニックにV字回復「ツガノミクス」をもたらした津賀一宏社長 photo Getty Images

津賀社長に直撃質問

「ええ、読みました」

パナソニックの津賀一宏社長(58歳)は、やっぱり「あの本」を読んでいた。

「あの本」とは、4月2日に刊行された『ドキュメント パナソニック人事抗争史』(岩瀬達哉著・講談社刊)のこと。

全国紙経済部の記者が解説する。

「同書は、過去20年にわたるパナソニックの経営不振は、ひとえに『人事の乱れ』が原因だったと指摘する、パナソニック関係者にとっては衝撃的な本です。というのも、元副社長を始めとする元役員たちが実名で登場し、赤裸々に証言しているからです」

4月27日発売の週刊現代によると、津賀社長は同誌の記者に、『パナソニック人事抗争史』を「読みました」とハッキリ答えている。

では、いったいどんな感想を持ったのだろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら