[BCリーグ]
武蔵・星野おさむ監督「新人・三ツ間はBCリーグの又吉!?」

元セーブ王・篠田、先発転向の理由

 参入1年目はここまで3勝3敗。ピンチを背負い、攻め込まれる場面も多い中、勝たせてもらっている試合が多い印象です。選手たちの「勝ちたい」という思いがよく出ていることが、まずまずの成績につながっているのではないでしょうか。

 ピッチャーはそこそこ投げられる頭数が揃っており、ゲームをつくってくれそうな雰囲気が出てきています。信濃から移籍した篠田朗樹は武蔵では先発の軸になっています。彼は信濃時代、抑えで2年連続セーブ王のタイトルを獲りながら、NPBから声はかかりませんでした。ドラフト指名をもう一度目指したいなら、同じことをやっていても変わりません。本人とこちらの考えが一致し、転向が決まりました。

 結果は出しているのですから、次に求められるのは内容です。さらに高みを目指すには、原点であるストレートを見直すことでしょう。本人も課題は自覚しているでしょうから、先発で登板を重ねる中で、今までとは違った姿をスカウトに見せてほしいと感じています。

 また先発2番手の中村一仁(藤嶺藤沢高-帝京大-旭鋼管工業)は、球筋が良く、変化球も一通り投げられます。社会人では軟式に取り組み、1年間リーグ戦を戦ったことがないため、現状は100球をメドに週1回の先発を考えています。

 アイランドリーグ愛媛の監督時代もそうでしたが、若手や経験不足のピッチャーは徐々に球数を伸ばしていくことが大事です。1年間ローテを守りながら、最終的には120~130球で完投できる力をつけてほしいと望んでいます。

 この2人に加え、先発として考えているのは戸谷亮太(所沢北高-埼玉大)と韓国系米国人のベック・チャスン。戸谷は全国的には無名で、体力、技術はこれからの選手ですが、おもしろい変化球を持っています。それはスライダー。軌道が独特でチェンジアップと見分けがつきません。これでチェンジアップを習得すれば、それだけで、ごはんが食べられるピッチャーになれるでしょう。

 勝ちパターンの継投は福井からやってきた矢島陽平、元アスレチックスのドミニカ人、ファウティノ・デロス・サントス、サイド右腕の新人・三ツ間卓也。この中で最も未知数の三ツ間を抑えにしました。その理由は僕の野球観として最終回よりも、7、8回の方が勝負どころになる可能性が高いから。もちろん、最後を締めくくる重要なポジションを任せることで、三ツ間の成長を促したいとの思惑もあります。

 三ツ間は、まだ体幹が弱い部分があるものの、うまくハマった時のストレートは魅力十分です。うまくいけば、“BCリーグの又吉克樹(中日)”と呼ばれる存在になるかもしれません。そして、もうひとつ抑え向きだと感じるのは精神面。おそらく、BCリーグの又吉という表現は本人は気に入らないのではないでしょうか。「オレはオレのスタイルで勝負する」という向こう気の強さも買っています。