[アイランドリーグ]
徳島・中島輝士監督「小林、増田、鷲谷は2年目のジンクス乗り越えよ」

2戦連続無失点の福永、順調なデビュー

 開幕から10試合を終えて3勝4敗3分。やはりリーグ戦は勝ち星を先行させて戦いたいだけに、苦しいスタートです。ここまでの収穫は先発投手の3本柱が確立できたこと。一方、課題は4番手以降の先発と中継ぎの整備、そして打線のテコ入れです。

 先発は前回も紹介した新人の福永春吾、吉田嵩、そして外国人のエドワード・ウィリアム・ブランセマがゲームをつくっています。福永は2試合連続無失点で9イニングを投げ切り、順調なデビューを果たしました。3試合目の香川戦では2失点したものの、3試合連続の完投。しかも球数は107球でまとめました。

 初戦、2戦目は無失点でも140球以上投げており、長いシーズンを乗り切るには球数を減らすことも重要です。実質はサードのエラー(記録はヒット)で連続無失点が途絶えたのは残念でしたが、記録はいつかは止まるもの。今後、「0点に抑えなければ」と余計な意識が働いて球数が増えてしまうよりは良かったかもしれません。

 吉田は前回指摘したように荒削りですが、球威で押して3試合で失点はわずかに1。実戦の中で、うまく力を抜く投げ方を覚えれば、もっといいピッチャーになるでしょう。未完成の素材だけに今後が楽しみです。

 もちろん、シーズンは始まったばかり。ここからが本当の勝負です。相手も対策を練ってきますし、登板が続けば、コンディション管理も重要な要素になってきます。壁に当たることもあるでしょうが、これを乗り越えて成長してほしいと望んでいます。

 ブランセマは外国人特有の動く球が武器。最初はコーナーを狙いすぎて四球が多かったものの、最近は低めにボールを集め、ストライクゾーンで勝負できるようになり、持ち味が生きてきました。欲を言えば、球速が140キロちょっとですから、これを速く見せる緩い変化球を覚えてほしいですね。そうすれば、もっとラクにバッターを抑えられるでしょう。

 バッターから見て厄介なのはスピードではなく、球速差。キレとコントロールがあれば、135キロの真っすぐでも打てません。しかし、ピッチャーの多くは、そこを勘違いしているのが多いのが実情です。それだけに、ブランセマには緩急でリーグに旋風を巻き起こしてほしいと思っています。