平和講義Ⅰ:星野了俊先生「そもそも日本の安全保障の概念は、どういう経緯で生まれたのですか?」

星野了俊先生と乙武塾の学生たちと
様々な社会問題が山積する日本社会。より良い暮らしを守るために、私たちは今何を考え、何をするべきなのか。未来を担う世代とともに、それらの疑問の答えを探してみたい。そう思った私は、2014年より、二十歳前後の学生たちと一緒に学びを深める「乙武塾」を開講しました。日本が抱える諸問題をテーマに掲げ、専門家の本を読み、講義を聞き、学生たちと議論し、日本の未来を考える。彼ら「二十歳の疑問」は新鮮で、私も刺激を受けています。本連載では、「乙武塾」オンライン版として、そこでの学びをみなさんに共有させていただきたいと思います。(構成・友清哲)

日本の安全保障の基本を学ぶ

乙武: 第1回目の授業のテーマは「平和」。メディアなどを通じて安全保障に関する議論がヒートアップしていますが、私たちの日常生活において、「平和」というテーマを深堀りする機会はなかなかありません。戦争を永久に放棄する立場をとりながら、国際貢献を求められる日本は、この時代に世界でどう立ち回るべきなのでしょうか。その答えを探るためには、まず日本の安全保障の基本を学ぶ必要があるはず。そこでまず、戦略・安全保障アナリストの星野了俊氏を講師にお迎えし、安全保障の歴史についてお聞きしました。

みなさんは"平和"と聞いて、なにをイメージしますか? 

講義の冒頭、星野先生の問いかけに対して、十数名の学生が次々に答えを口にしました。「原爆ドーム」「非暴力」「朝起きて普通に朝飯が食べられること」---。いずれの解釈であっても、今あたりまえのように享受している平和が、決して盤石のものではないということを、彼らはちゃんと認識しています。隣国との軋轢。国際的テロ。私たちは机上で語られる抑止力をどこまで信頼していいのでしょうか。戦後70年、改憲論で大きく揺れる今だからこそ、改めて考えていきます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら