賢者の知恵
2015年04月22日(水) 週刊現代

さよならソニー、愛してたのに。
すっかり変わってしまったけど、どうかお元気で(上)

週刊現代
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

ジャーナリスト 清武英利

やる気はあった。仕事も好きだった。でも会社は、彼らを「いらない」と言った。創業者がリストラを嫌ったソニーで、人を切るためだけの部屋に追い込まれた彼らは、自らの足で立つことを選んだ。

東大准教授として再出発

東京大学生産技術研究所は、東京の駒場キャンパスの一角にある。ここに「滝口研究室」を構える滝口清昭特任准教授(59歳)は、「準静電界」という耳慣れない分野の研究で注目された工学博士だ。

彼はJR東日本など複数の民間企業とともに、「準静電界通信技術」を応用した通信や遠隔個人認証の共同研究を続けている。フジテレビ系列のテレビ番組『超潜入!リアルスコープハイパー』でも、JR東日本などと取り組んでいる最新自動改札機「タッチレスゲート」が、「超ラクチン改札」と紹介された。

その彼には不思議な経歴があった。

滝口氏はソニー情報技術研究所のシニアリサーチャー(上級研究員)だったが、2007年に、東京・御殿山にあった「東京キャリアデザイン室」、通称「リストラ部屋」に追いやられたことがあるのだ。

ある日、上司からこう告げられた。

「君はうちでは仕事がない。ここでは要らない人間です」

滝口氏が「準静電界」に着目し、その実用化を夢見ていたころだ。交通システムやGPSの研究開発を手掛け、新たな分野に挑戦していた。

次ページ 準静電界は人の体を包むように存…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事