[MLB]
杉浦大介「ニューヨークは“ハービーの街”になるか」

~メッツ、新スター候補が復活~

復帰の右腕が2連勝スタート

「ハッピー・ハービー・デイ!」
 4月14日のメッツ対フィリーズ戦の開始前、ソーシャルメディア上でも、スタジアムでも、メッツファンは口々にそう言い合った。

剛球右腕はニューヨークの子どもたちにとっても、すでに憧れの的だ。Photo By Gemini Keez

 この日、一昨年秋に右肘のトミー・ジョン手術を受けたメッツのエース、マット・ハービーが復帰後初の地元マウンドに登場。待ちに待ったエースのカムバックに、シティフィールドは、まるでプレーオフのような雰囲気となった。

「ファンの反応は素晴らしかったよ。しばらく地元で投げれなくて、久々の登板でこれほどサポートされれば、燃えずにはいられなかった」
 そんな言葉通り、試合開始序盤から“ハービー”コールを繰り返したファンの前で力んだか、6回を投げて2被本塁打、3失点と完璧な内容ではなかった。

 それでも、絶好調ではないながらもまとめる姿がエースらしさを感じさせたのも事実。スティーブン・ストラスバーグとの投げ合いを制した9日のナショナルズ戦に続き、無事に2連勝を果たしてニューヨーカーを喜ばせた。

「街中が(ハービーの)背中を押している感じだった。少し制球を乱すこともあったけど、彼はファイターだ。戦い続け、ビッグイニングは許さなかった」
 試合後にトラビス・ダーノー捕手が語った通り、今春はニューヨークの多くのスポーツファンがハービーに注目している感がある。

ハービーはメッツのウィルポンオーナー(右)にとっても宝のような存在だろう。Photo By Gemini Keez

 メジャーに旋風を巻き起こした2013年の終盤に肘を痛め、そこから復活という劇的なストーリーがアメリカ人好みなのだろう。90マイル台後半の真っ直ぐで押しまくる豪快なピッチングも魅力たっぷり。そして何より、“ロックスターのよう”と評される独特の存在感が人々を惹きつけているに違いない。