格差・貧困 社会保障・雇用・労働
20年間で児童虐待の相談は70倍増。児童虐待の相談等に対応する「児童相談所」ってどんな場所?

近年児童虐待をニュースで見ることが増えてきました。毎年夏頃に報告される児童虐待相談対応件数ですが、実はこの数字は10年以上毎年最高記録を更新し続けています。平成25年度の児童虐待相談対応件数はついに7万件を超え、20年ほど前の平成2年の約70倍に上りました。私たちが日ごろニュースで目にする量をはるかに超える数の相談の対応が日常的に行われていることがわかります。単純計算で、1日に約200件もの児童虐待に対応している状況なのです。

厚生労働省「平成25年度の児童相談所での児童虐待相談対応件数等」


そして児童虐待の報道がなされる度に、「親は何をしてたのか」という批判とともに非難の対象となるのが児童相談所です。児童虐待の発見や対策、防止を担っているのが児童相談所ですが、児童相談所がいったい何を担っているのか、児童相談所の職員である児童福祉司はいったい児童虐待を見過ごしてしまったのか、その原因や現状についてはあまり語られることがありません。今回は児童虐待という命や子どもの健全育成などに関わる仕事を担う、児童相談所やそこで働く児童福祉司の現状について触れてみたいと思います。

児童相談所の負担は10年で3倍増に?

児童虐待の相談件数が毎年何千件単位で増えている中で、この児童虐待の相談に応じる児童相談所の児童福祉司の数は、たった2倍にしか増えていません。この間、児童虐待相談件数は7倍増になりました。単純に考えて1人の児童福祉にかかる負荷は3倍以上増えたことになります。

2012/04/25全国児童相談所長研修資料、厚生労働省雇用均等・児童家庭局編

もともと人が十分にいて、3倍になってちょうどよくなったということであれば問題ないと思います。しかし、児童相談所は慢性的な人手不足の状態であり、毎年児童虐待の相談件数が増えていくと、1家庭に割ける時間はどんどん少なくなってしまっているのが現状です。