[陸上競技]
白戸太朗「半分以上の半分 ~ホノルルハーフマラソン・ハパルアの魅力~」

「ハパルア」という言葉をご存じだろうか? 知らなくても決して珍しくはない。意味はハワイ語で「半分」。この言葉が日本で認知され始めたのは昨年あたりからで、「ハパルア」というランニングイベントが浸透してきたからである。

今年は7000人の参加者でスタート地点もにぎわった

「ホノルルハーフマラソン・ハパルア」がハワイで開催されて4年目。すっかり現地では「ハパルア」という名前で認知され、今年4月12日に開催された4回目の大会は7000人を超える参加者となった。誰もが知っている「ホノルルマラソン」を運営するホノルルマラソン協会が作った大会だけに、その運営体制はしっかりとしており、地元での人気を呼んでいる。日本人参加者も今年は1000人を超え、じわじわと広がりをみせている。しかし、日本国内でこれだけ大会がある中で、ましてや21㎞を走るためにわざわざ海外まで行くのか。できた当初は関係者にもそんな疑問があった。「せっかく遠くまで行くなら長い距離を走りたい」という消費者心理があるのがエンデュランススポーツの世界。確かに、ハーフのために海外に行くのかという思いは僕にもあったのだが……。

 本家のホノルルマラソンは言うまでもなく、日本では海外マラソンの王様と呼べる存在だ。ピーク時には2万人を超える日本人参加者を集めており、国内レースが増えた近年でも1万2千人以上。他の海外マラソンで、日本人参加者が1000人を超える大会は見当たらず、この数字はすごい。そう考えると4年目にして1000人を集めたハパルアも驚異的と言うべきであろう。

素晴らしいロケーションは参加者を和ませる

 この数字の根底にあるのは、やはりハワイというロケーションに依る所が大きい。日本人がもっとも愛するリゾート地での開催はその場所、いや名前だけでも多くの人を魅了する。さらには気候である。記録を狙うマラソンとしてはやや暑いものの、ゆっくりと完走を目指すならば、太陽でさえ演出になる。適度に乾燥した空気もスポーツの心地よさを盛り上げる。ホノルルマラソンやハパルアに向かうのには、「どうせ海外に行くならハワイがいいよね」や「ハワイに行く言い訳に、ランニングも悪くない」というような心理が働いていることは間違いないだろう。