雑誌
なぜあいつが役員に? なぜあの男が社長なんだ?
『パナソニック人事抗争史』元役員たちは、こう読んだ(上)

中村邦夫・6代目社長ら前任者が傾けた経営を、現社長(8代目)・津賀一宏は必死に立て直そうとしている〔PHOTO〕gettyimages

「そういうことだったのか……」彼らは幾度となくつぶやき、時に膝を打った。発売されたばかりのこの本を読んだ、パナソニック元役員たちの反応だ。巨艦企業の停滞は、すべて人事に起因していた。

経営不振の原因はあの人事

日本を代表するエクセレント・カンパニーとして隆盛を極め、長く世界のトップブランドとして君臨してきたパナソニック(旧松下電器産業)が、過去約20年にわたって経営不振に苦しまねばならなかった原因は、ひとえに「人事の乱れ」によるものだった。

背景には、3代目社長の山下俊彦によってはじめられた経営改革を、4代目社長の谷井昭雄が推し進めようとするなか、会長の松下正治との間で激しく対立したことがあった。

松下電器の創業者松下幸之助の女婿でもあった正治は、谷井の改革によって創業家がないがしろにされていると反発。やがてふたりの対立は、経営そのものを揺るがす根深い人事抗争へと発展していったのである。

その人事抗争史の知られざる舞台裏を克明に描き出し、話題を呼んでいる書籍がある。『ドキュメント パナソニック人事抗争史』(岩瀬達哉著、講談社刊)。同書には松下電器元副社長を含め、同社で役員に上りつめた人々が実名で登場し、貴重な証言を寄せている。

ドラマの世界と見紛うばかりの抗争劇が展開されるが、最近の大塚家具の例もあるように、こうした事態はどの企業も他人事ではない。

そして、企業でひとたび人事抗争が起きると、とめどない感情の悪循環を生みだし、組織の活力を削ぎ、未来を切り開くはずの経営戦略をも、失敗へと導く。