【有料会員限定記事】ハワイの老舗ホテル『モアナ・サーフライダー』と『ザ・ロイヤルハワイアン』の朝食はどっちがおいしい?

最近は東京でもハワイ風の朝食が人気である。そのうちの一軒、原宿の『エッグスンシングス』は、開店以来つねに行列ができている。この店の人気はパンケーキやアサイーボウルといったメニューだが、ハワイの現地の人に言わせればそれは特殊で、日本人が騒いでいるだけだという。

アサイーはハワイで採れる果物ではなく、ブラジルが原産の輸入物だ。実際にハワイでアサイーなどを出すお店に行っても、並んでいるのは日本人観光客が圧倒的に多い。ロコたちは普通のコンチネンタルブレックファーストか、それにオムレツやベーコンを付けたもの、あるいはグラノーラなどで朝食を済ませている人がほとんどだという。

かたやハワイのホテルの朝食はその人気を受け、パンケーキやアサイーボウルを置いている。だが朝食の質の決め手は、玉子やパンを使った料理であろうということで、今回ハワイでは、ワイキキに並ぶ2軒の老舗ホテルで「フレンチトースト」と「エッグベネディクト」を食べ比べてみた。

テラスレストラン『ザ・ベランダ』---『モアナ・サーフライダー』のwebサイトより

1901年にワイキキに初めて建ったホテルとしても知られる『モアナ・サーフライダー』ではテラスレストランの『ザ・ベランダ』で朝食をとった。ここのテラス席もすばらしいが、白を基調としたコロニアル調の室内で、眼前に広がる海と砂浜を眺めながらいただくのもまた優雅だ。このホテルは日本人の宿泊客も多い。たいていは朝食付きなので、朝は必ずブッフェ(34ドル)だ。しかしこのホテルの実力を知るために、ここはアラカルトを選ぶべきであろう。

『モアナ・サーフライダー』から『アウトリガーワイキキオンザビーチ』を挟み、その隣に建つのが『ザ・ロイヤルハワイアン』である。こちらの設立も1927年と古い。ここではビーチサイドレストラン『サーフラナイ』で朝食がいただける。ほとんどの席が屋外にあり、波音が聞こえるなかでゆったりとした食事がとれる。『モアナ・サーフライダー』と比較すると日本人は少なく、朝食はアラカルトのみでブッフェはない。

ビーチサイドレストラン『サーフラナイ』---『ザ・ロイヤルハワイアン』のwebサイトより

「フレンチトースト」と「エッグベネディクト」を食べ比べ

さて、それではこの2つのホテルの「フレンチトースト」と「エッグベネディクト」を食べ比べてみよう。まずは『モアナ・サーフライダー』と『ロイヤルハワイアン』のフレンチトーストを比べてみる。どちらもパンの質、焼き加減、液の染み具合は上等だ。

モアナの薄切り3枚のパンは、それ自体がハワイ風にほんのりと甘く、そこにタヒチ産のバニラのほのかな甘い香りが効いている。一方ロイヤルのほうはというと、厚切り2枚のパンのなかにバナナを挟み焼いてある。挟むといっても、半分に切ったパンに切り込みを入れ、バナナを入れ込んであるので、パンの耳の魅力は保たれたままだ。この点は憎い。

モアナではホイップ蜂蜜バターとメイプルシロップ、ロイヤルではホイップバターとココナッツシロップが添えられているところが面白い。ココナッツの甘い香りとフレンチトーストがよく合う。これは、かけるよりも浸して食べたほうがおいしいだろう。またベリーコンポートがつく。「フレンチトースト」を食べ比べただけでも、これだけ個性が違う。どちらも魅力満載だが、パンが厚い分、ややロイヤルのほうが有利か。

さて次は「エッグベネディクト」だ。肉の質と加熱具合、イングリッシュマフィンの質は「モアナサーフライダー」、「ロイヤルハワイアン」のいずれもよし。

モアナの肉はカルアポーク(ハワイの伝統的な豚肉の蒸し焼き)、ロイヤルではクラシックスタイルのカナディアンベーコン(ロース肉を使ったベーコンで、濃い味のハムのような味である)だ。モアナの柔らかなカルアポークもいいが、カナディアンベーコンとポーチドエッグの食感の対比がある分、ロイヤルのほうが楽しい。モアナでは6種類のジャガイモとサラダ、ロイヤルでは定番のハッシュドポテトにサラダが付け合せとして供される。どちらもすばらしい。

またオランデーズソースは、滑らかさや味の深さ、後味の切れなどがロイヤルのほうがすばらしかった。よってこちらもロイヤルに軍配があがった。

▼マッキー牧元・おススメのメニュー
・『モアナ・サーフライダー』(テラスレストラン『ザ・ベランダ』)
 => 
http://jp.moana-surfrider.com/
 ※フレンチトースト:18ドル/エッグ・ベネディクト:24ドル

・『ザ・ロイヤルハワイアン』(ビーチサイドレストラン『サーフラナイ』)
 => 
http://jp.royal-hawaiian.com/
 ※フレンチトースト:20ドル/エッグベネディクト:22ドル
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら