「紙に夢を30個書き、将来の選択肢を広げてほしい」 児童養護施設の子どもたちが「夢を語る」ワークショップ
CAPE理事の道正さん。新卒で入社した大手電気メーカー系会社を3年で辞め、転職した

児童養護施設出身者の大学進学率は12%

一般社団法人アジア太平洋開発交流機構(CAPE、東京・荒川)は児童養護施設の子どもたちに夢を描いてもらうワークショップを行っている。紙に夢を30個書いてもらい、その夢を叶えるためにはどうすればよいのか共に考える。CAPE理事の道正義隆さん(27)は、「夢は語れるもの」と子どもたちに伝える。

道正さんは2014年末に、新卒で入った大手電気メーカーのグループ会社から転職してきた。CAPEは2012年に立ち上がり、ミャンマーやスリランカなどの貧困地域で教育支援活動を行っていたが、道正さん発案で、途上国だけでなく、日本の「子どもの貧困」にも目を向けるようになる。

CAPE調べでは、児童養護施設出身者の大学進学率は12%(平均大学進学率53%)。18歳で施設を出ていかなくてはいけないため、生活費や家賃の支払いに追われ、学費が払えないという子も多くいるという。

学校に通っていないため、教育の遅れも大学進学を阻んでいる。施設には、親から虐待やネグレクトを受けてきた子どもが大半だからだ。

何とか就職できたとしても、劣悪な労働環境で働かされて、長続きしないこともある。アルバイトなどを転々と繰り返し、施設を出た約半数が月収15万円以下で暮らしているという。

この問題を解決するため、CAPEでは、立教大学英語講師の梅原洋陽氏や大学生を中心としたボランティアと、足立区の児童養護施設に週1回、出向いている。施設では、学習支援を行う前に、「夢ワークショップ」を行う。そのワークショップでは、大学生と子どもたちが夢を語り合う。そして、夢を30個書いてもらう。

その理由を道正さんは、「子どもたちに夢を見つけてもらってから、その夢を叶えるための勉強を教えている」と話す。参加するのは、子どもだけでなく、施設の職員も。大人のほうが夢を30個書けないことが多く、子どもたちは職員に勝てたと思い、自信を得ていくという。

夢を1つではなく30個書いてもらうように指示するのは、将来への選択肢を広げてほしいからだ。子どもたちにとっては身近な大人が、施設の職員であるため、ほかの職業を知らずに、将来は職員になることを目指す傾向にある。

ある小学生の女の子は、「お花屋さんになりたい」と言った。その夢を叶えるため、今年5月には、池袋の催事で、花屋と協力し、その女の子が紙に描いた花屋を出展する。当日は女の子もブースに立ち、販売スタッフとして参加する。道正さんは、「夢は実現できるのだと、自信を与え、周りの子どもたちにも、夢を見ることの大切さを伝える」と言う。