[BCリーグ]
福井・吉竹春樹監督「阪神育成・田面、中継ぎで開花を」

活発な打線と不安な投手陣

 開幕まで、あとわずか。2月からの自主トレで体の部分は各選手とも仕上がってきました。考え方の部分も、以前、紹介した「準備を怠るな」「毎日ノートをつける」「失敗を怖れず、失敗から学べ」「迷った時には前に進め」「実戦に強くなれ」の5カ条は選手たちの頭の中に入ってきたのではないでしょうか。

 5日の千曲川硬式野球倶楽部との交流試合は13-10。22安打を放ち、打線は活発です。一方で、投手陣には課題が残りました。四球での自滅やバッテリーミスが多く、それらが失点につながっています。

 11日の石川との開幕戦は兼任コーチの藤井宏海に開幕投手を託しました。本人とも相談し、まずは最初に自らのピッチングで投手陣を引っ張ってもらおうと考えています。

 続く先発は右腕の藤岡雅俊、左腕の新人・田中優貴(丹生高-三菱自動車岡崎)、4年目の関口貴之、3年目の石野公一郎あたりを候補に考えています。新人の田中は地元出身選手。スピードはありませんが、カットボールを覚えて右バッターの懐を突くピッチングをしようと試みています。カーブ、スライダーも交えながら、総合力で勝負できるサウスポーになってほしいものです。

 また昨季は中継ぎだった藤岡は先発に挑戦してもらいます。彼は球種が少なく、本来は中継ぎタイプでしょうが、長いイニングを投げてアピールさせたいと思っています。開幕に向け、スライダーも2種類習得して球種を増やし、カーブの精度を磨いて緩急をつけることをテーマに取り組んできました。オープン戦では、その成果が出ているとは言い難いところですが、場数を踏む中でステップアップしてくれることを願っています。

 今回、昨季までコーチを務めた阪神から育成選手が派遣されることになりました。前期は右腕の田面巧二郎がチームに加わっています。彼はもともとドラフト3位で入団し、速球とスライダーはいいものを持っています。ただ、制球難が活躍できていない最大の要因です。

 独立リーグに派遣された目的も、実戦の中でコントロールを磨くこと。ピッチャーは専門ではありませんが、入団時にスカウトから高く評価されていた選手なのですから、自信をつければ課題は克服できるはずです。福井では中継ぎとしてイニング数を多く投げてもらう予定です。NPBのピッチャーとして結果を残し、手応えをつかんで阪神に帰ってほしいと思っています。