「脱ページビュー主義」の本命は「コミュニティによる収益化」---有料サロン運営、7つのメリット

「脱ページビュー」とは言うけれど

ブログやウェブメディアを運営していると、「脱ページビュー」の議論が必ず出てきます。ひたすらページビューを追うとなると、芸能ネタとかゴシップとか炎上ネタなどどこか下世話なメディアになってしまいます。民放のバラエティ番組のようなものに近づいてしまうんです。そういう記事を書くのが好きならいいですが、結局どこのメディアも似通ってくるので、バイラルメディアとかやってて楽しいのかなと思ったりします。

つまり、ページビューを追うのはあまり本質的ではないんです。でも、ウェブメディアのビジネスモデル(広告)はほとんどの場合ページビューに紐付いています。たくさん読まれないと、広告は売れない。ゆえに、「脱ページビュー」は、喧伝される割に実現されていないのです。

THE BRIDGE
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら