企業・経営
不景気への「耐性」、危機後の「回復力」 レジリエントな企業とは
登壇した、ピーター氏(左端)と山本社長(中央)、司会はオルタナ編集長の森摂が務めた

レジリエント・カンパニーの3つの特徴

オルタナは4月8日、シンポジウム「『たねや』の物語――しなやかで強い『レジリエント・カンパニー』への道のり」を開いた。不景気に耐え、危機後の回復力が高い「しなやかなで強い(レジリエントな)企業のあり方」をテーマに、『レジリエント・カンパニー』(東洋経済新報社)の著者ピーター D.ピーダーセン氏、和菓子の老舗たねや4代目社長の山本昌仁氏をゲストに話し合った。

レジリエント・カンパニーとは、危機に強く、耐久性があり、なおかつ事業環境の変化に対応し、社会から共感を集めている企業のことを指す。ピーター氏は、「企業がしなやかな強さ(レジリエント)を持てば時代を超えて残り続ける」と断言する。

ピーター氏はP&Gやネスレ、IBMなど20のグローバル企業を調べて、レジリエント・カンパニーには3つの特徴があると分析した。その3つは、利益以上の価値を使命に掲げ、社員と顧客を信頼で惹きつけ、その企業を拠りどころとさせる「アンカリング」、事業環境の変化に素早く対応でき、クリエイティブ性を発揮できる環境を整備しておく「自己変革力」、社会の方向性と自社の戦略のベクトルを合わせて、トレード・オフからトレード・オンを目指す「社会性の追及」。

レジリエント・カンパニーの強さは、株価推移で実証されている。ピーター氏は、独自に調べた20の企業の株価とスタンダード&プアーズ社の株価指標「S&P500」を比較した。比較した年は、リーマンショックの5年前の2003年末と5年後の2013年末。

比べた結果、10年間のスパンで、レジリエント・カンパニーはS&P500のリターンを約200%上回っていることが分かった。さらに、市場が落ち込んでいた2008年末にS&P500は2003年比で19%下がったのに対して、レジリエント・カンパニーは7%上げていることも分かり、不景気に対する耐久性の高さも証明された。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら