[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「NPB1軍クラスの新外国人右腕ネイラー」

ルーキー右腕・松本の課題

 独立リーグのチームとして初参戦したJABA四国大会は3連敗とプロとして残念な結果になってしまいました。特に初戦のJR九州戦は勝てた試合だっただけにもったいなかったです。先発のルーキー松本直晃は初回に失点。3回あたりからエンジンがかかってきただけに、立ちあがりに課題が残りました。

 確かに立ちあがりは、どのピッチャーにとっても難しいもの。しかし、先制点を許すと自身もチームも苦しくなります。キャンプ、オープン戦を通じてフォームも良くなり、後背筋を使ったピッチングができているだけに、これは今後、実戦の中で克服してほしいと感じています。

 その後、味方が逆転したものの、勝ちパターンで投入した新外国人のウェスリー・エドワーズ(米国)がピンチを招き、逃げ切ることができませんでした。エドワーズは150キロを超える速球が武器。ただし、変化球の精度が低く、どうしてもストレートに頼ったピッチングになってしまいます。この日も先頭打者にストレートを狙い打たれ、ヒットを許しました。

 さらに続くバッターのバント処理を焦りエラー。走者を背負った際のクイック投法や、フィールディングに難がある点も今後の修正点です。日本で活躍するには、この壁を乗り越えなくてはなりません。配置転換するのは簡単ですが、当面は引き続き、彼をセットアッパーとして起用し、早く日本の野球に適応させたいと考えています。

 一方、もうひとりの新外国人、ドリュー・ネイラー(オーストラリア)は先発で安定したピッチングをみせています。第2戦の三菱重工名古屋戦では7回無失点。150キロ超の速球に、変化球もカーブ、スライダー、カット、ツーシーム、チェンジアップと多彩です。しかもコントロールがよく、どのボールもカウント球になり、ウイニングショットにもなります。

 正直、NPBでも、これだけいろんな球種をコーナーに投げ分けられる外国人ピッチャーは少ないのではないでしょうか。香川からNPB入りした外国人といえば、アレッサンドロ・マエストリ(オリックス)がいますが、彼が四国に来た当時と比べても、ネイラーの方が上です。