最も女性が少ない議会はどこか? 女性政治家比率 都道府県ランキング

女性議員の除名から統一地方選挙を考える

国会を休んだ直後に旅行やはしご酒をしていたなどと報じられ、維新の党を除名された若手女性議員がメディアを賑わしている。こうした問題が起きる度に、問題を起こした当人の資質の話なのに、女性議員や若手議員全体の質が低く思われることを残念に思う。

質の低いものは、最初から政治家になるべきではない。特に今回のように政党公認で出ている候補者についての資質の担保は政党の責任であると思う。比例当選の議員が政党除名になった際の議席の問題などもそうだが、候補者選定や税金がつぎ込まれている政党助成金の扱いなども含め、政党の位置付けや義務を明記した「政党法」の必要性を強く感じたりもする。

若手議員や女性議員が増えてくる中で、どうしてもその中に、質の低い議員も数多く出てきてしまっていることは、私も感じているところである。しかし一方で、これまでの議員以上に高レベルで活躍している若手議員もおり、こうした議員に関してはむしろ多くのスポットライトを当てて注目してもらいたいとも思う。

有権者の中にも、政治不信から「できるだけこれまでの政治家と異なるタイプの政治家を」という思考が働く人たちがいるだろう。そうした人たちの中には、女性や若手に投票しようという人も多いのではないかと思う。だが、女性ならいい、若者ならいい、というだけではなく、さらに一歩踏み込んで、その資質についても評価した上で投票する必要性を強く感じている

女性国会議員の割合は先進国中最低。地方議会にも11.7%しかいない

全国には様々なレベルで、女性の地方議員が3,924人いる。こう聞くと「結構たくさんいるんだな」という気がするかもしれないが、全体数の33,439人からすれば、わずか11.7%に過ぎない。

世界各国の議会でつくる「列国議会同盟(IPU)」という組織がある。そのIPUが189ヵ国の下院議会における女性議員の割合を調べた結果、日本は480人中39人(8.1%)で127位と先進国最低だった。

一方で、安倍政権は2020年までに指導的立場にいる女性を30%にすることを掲げている。政治の場こそ、他の規範になるようにするべきだとも思うが、実態は世界から大きく遅れをとっていると言える。