米DARPAが副操縦士の代わりになるロボット開発に着手
〔PHOTO〕gettyimages

米DARPA(国防高等研究計画局)が、航空機のコックピットに機長と並んで座り、副操縦士の役割を担うロボットの開発を今年夏に開始するという。

●"Planes Without Pilots" The New York Times, APRIL 6, 2015

ジャンボ旅客機をはじめ現代航空機の操縦が、どんどん自動化の方向に進んでいることは今更言うまでもない。上のNYT記事によれば、たとえばボーイング777のパイロットが手動で操縦する時間は、1回のフライトにつき平均で僅か7分間、エアバス機の場合はその半分に過ぎないという。

それ以外の長い時間はいわゆるオート・パイロット、つまり飛行機が管制塔と連絡をとりながら自分で操縦しているのだ。要するに現時点でも航空機のAI(人工知能)化、ロボット化はかなりの程度まで進んでいる。

ロボットが操縦桿を握る

これに対し、今からDARPAが作ろうとしているのは、本当に人間の副操縦士のようなロボットらしい。外見は、いわゆる「ヒューマノイド(人型ロボット)」になるかどうかは分からないが、少なくとも外界を認識するための視覚能力や人間(この場合、一緒に搭乗する機長)の言葉を聞き取るための音声認識能力、そして当然だが会話能力、さらには操縦桿を握って動かしたり、コックピット内にある複雑なボタン類を操作する運動能力なども備えているという。となると、恐らくヒューマノイドになりそうだ。

〔PHOTO〕gettyimages

それにしてもDARPAは、何故こうしたロボットを作る気になったのか? 冒頭のNYT記事には、はっきりその理由が書かれているわけではないが、どうやら先月起きたジャーマンウィングス機の墜落事故が背景にあるようだ。とはいえ、事故から僅か数ヵ月しか経たない今年の夏から開発に着手するというのだから、「そんなに簡単に予算が下りるものか?」とも思うが、ひょっとしたら、それ以前から計画されていたプロジェクトの一環として新たに組み込まれたのかもしれない。

いずれにせよ「(精神疾患などから)極めて意外な行動をしかねない人間よりも、ロボットに操縦を任せた方が安全」という考え方があるようだ。ただしコックピットから完全に人間を排除して、操縦の全てをロボット化するわけではない。それも技術的には可能だが、さすがに、そうした旅客機に乗ろうとする客はいそうもないので、機長は従来通り人間に任せる。機長をアシストする副操縦士の方はロボットに任せる、というわけだ。

「そもそも、そういう問題なのか? (あのような事故、あるいは事件を未然に防ぐには)その前にやるべきことがあるのではないか?」という気もするが、とにかくDARPAの一部関係者は上記のように考えているらしい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら