[野球]
上田哲之「『綺想』の系譜――黒田博樹と高橋純平」

 黒田博樹(広島)の復帰後、公式戦初登板は3月29日の東京ヤクルト戦だった。
 7回を5安打無失点で切り抜け、今季初勝利をあげた。試合後のヒーローインタビューでとびだした、
「広島のマウンドは最高でした」
 という言葉も、名言居士のこの人らしいセリフだった。

 投球内容については、すでに多くの評論家の方々が絶賛しておられるので、詳しくはそちらに譲る。個人的にはやはり、7回2死一塁の場面でカウント3-2から中村悠平に投げた最後の1球が印象深い。

 内角を意識させておいて、外角低めボールゾーンからストライクに入るツーシーム。見逃し三振! いわゆるメジャー仕込みの投球である(この場合は、バックドアですね)。

従来のエース像と異なる高橋

 ところで、黒田の公式戦初登板とほぼ同じ時刻に、もうひとりの注目投手が登板していた。

 県岐阜商の高橋純平である。センバツ高校野球の準々決勝、浦和学院戦。この日は終盤、浦学打線につかまって0-5で敗退したのだが、出場選手中、投手としての才能という意味では図抜けていた。近年でいえば、ダルビッシュ有、田中将大、大谷翔平らと並ぶ素質と言っていいのではあるまいか。

 高橋はプレートの一塁側を踏んで投げる。高校生右腕で、彼ほどはっきりと一塁側を踏む投手は少ないだろう。

 これについては、黒田博樹がメジャーに渡って、それまでの日本流の三塁側を踏むスタイルから、一塁側に変えたことが有名だ。彼の著書『クオリティピッチング』(KKベストセラーズ)によると、
<日本には、「右投手はプレートの三塁側を踏む、左投手はプレートの一塁側を踏む」という、子どもの頃から教えられてきた基本があり、それに従っていた>

 しかしながら、メジャーに行って新たに武器にしたツーシーム(彼の表現ではシンカー)をより有効に使うため、一塁側の一番端に右足のかかとがくるようにした。すなわち右打者へボールがくいこんでいく横の角度をより大きくするため、プレートの踏む位置を一塁側へ変えた、というのだ。

 もしかして、高橋は黒田の思想を継承しようとしているのではないか――あえて、そう思ってみると、彼のピッチングは、従来の高校野球のエース像と、やや異なっていることがわかる。