[ボクシング]
近藤隆夫「デビュー5戦目での世界奪取を目指す“中京の怪物”田中恒成」

井上尚弥の最短記録更新狙う

 5月30日、愛知県のパークアリーナ小牧で、“中京の怪物”田中恒成(畑中)がメキシコのフリアン・イエドラスを相手にWBO世界ミニマム級王座決定戦に挑む。高山勝成(仲里)の王座返上により、巡ってきたチャンスだ。

 インターハイV、国体連覇、選抜大会優勝(いずれもライトフライ級)と高校4冠を達成した田中は、中京高校在学中の2013年11月にプロデビューを果たした。デビュー戦の相手がなんと世界ランカー(当時WBOミニマム級6位のオスカー・レクナファ=インドネシア)。

 この試合で勝利した田中は以降も白星を重ね、これまでの戦績は4戦4勝(2KO)で、すでにOPBF(東洋太平洋)ミニマム級のベルトを獲得している。右のボクサーファイターで、当て勘が優れている上にパンチ力もあり、畑中清詞、薬師寺保栄らに続く“東海圏のスター”として、いま大いに注目を浴びているのだ。

 そして、この試合で勝利すれば、田中はプロデビューからわずか5戦での世界王座獲得を果たす。これは日本人としての最短記録だ。
 最近、世界タイトル奪取最短記録が、よく話題にあがるが、その歴史を少し振り返ってみよう。

 この記録が大きくクローズアップされたのは76年10月に具志堅用高がファン・グスマン(ドミニカ共和国)を7ラウンドKOで破り、WBA世界ジュニアフライ級王座を獲得した時だろう。この試合は具志堅にとってデビュー9戦目。これが当時の日本記録だった。

 それを塗り替えたのが辰吉丈一郎。91年9月にグレグ・リチャードソン(米国)を破ってプロ8戦目でWBC世界バンタム級のベルトを腰に巻いている。

 それから20年間、この記録は破られなかった。しかし、11年2月に井岡一翔(井岡)が、7戦目でWBC世界ミニマム級王座を獲得。さらにその3年後の14年4月に井上尚弥(大橋)が、6戦目でWBC世界ライトフライ級王者となり、記録が更新されている。この井上の記録を田中が破ろうとしているのだ。