ツイッター新機能「Curator」が加速するリアルタイム・キュレーションの可能性---メディア企業に加えニューヨーク市も活用
Twitter Curatorを利用した際の画面イメージ [ツイッター社のブログより]

先月末にライブ・ストリーミング配信サービス「Periscope(ペリスコープ)」を世に出したツイッター社が(前回記事参照)、その1週間後の4月1日、今度はリアルタイム・ニュースのキュレーションを容易にする新サービス「Curator」をリリースしました。本サービスは今年2月のイベントですでに概要は伝えられていたものの、ベータテスト段階を経て、ついに公式サイト(http://curator.twitter.com)を通じ「メディア・パブリッシャー(メディア企業)」に対する事前申請の開始が始まりました。

公式サイトにはサービスの特徴として次のように記載されています。
「Curator enables media publishers to discover, curate and display the best Twitter content on any screen.」(「キュレーター」を活用することでメディア・パブリッシャーは最も良質なツイートコンテンツをどのようなスクリーンにおいても発見し、キュレーションし、ディスプレイすることが可能になります)。

つまり、サービスの利用アクセスを得たメディア企業は毎日大量に生成されるツイッター上のコンテンツの中から、投稿者のフォロワー数、男女別、位置情報などに基づいて、ハッシュタグなどで絞り込んだ上で、最も精度の高いツイートを絞り出し、簡単に「コレクション」と呼ばれる埋め込み可能な「まとめページ」の作成が可能になります。日本国内では「togetter」「Naverまとめ」が近いイメージでしょうし、海外においては「Storify」をイメージされると分かりやすいと思います。

今までもツイッターには「Advanced Search」という機能があり、詳細な絞り込み機能はあったのですが、今後は例えば特定のハッシュタグを含み、100人以上のフォロワーを持つ人のツイートのみを表示させ、スマートフォンの機種別のつぶやきを表示させるなど、より詳細な検索表示が可能になります。画像のあるなしや、6秒動画投稿サイトのVineを含むかなどの検索も可能で、さらに話題のペリスコープのライブ・ストリーミング動画も適切な検索フィルタリングを行うことで検索が可能になるでしょう。