二宮清純レポート 山田哲人(ヤクルトスワローズ内野手)「3割30本30盗塁」を狙う (下) 
飛躍の一年から本格化の一年へ 

「ハズレ、ハズレ1位」で入団

山田が全国的に名前を売ったのは甲子園でのホームスチールだった。履正社高(大阪)3年夏の大会、3番・ショートとして出場した初戦の天理戦で二死一、三塁の場面から、まんまと本塁を陥れたのだ。

敗れはしたものの、3回戦の聖光学院(福島)戦では阪神に入団した歳内宏明から2ランホームランを放っている。

監督の岡田龍生は入部した時から山田の素質には舌を巻かされた。

「バッティングはいいし、足もあり、守備も巧い。加えて身体能力が高く瞬発力もある。これは相当な力を持っていると感じました。表に出ていたのは氷山の一角でした」

履正社といえば、先輩にオリックスのT-岡田(貴弘)がいる。監督の岡田によれば、オフの自主トレにやってきた先輩の姿を見て、いろいろなことを学んだという。

「それからですよ。凡打でも全力疾走を怠らなくなりました。それまでは長打を打っても二塁止まりだったのが、一気に三塁まで行くようになった。プロを意識して取り組みが変わりましたね」

山田は兵庫県生まれながら、巨人ファンだった。だが、意中の球団ではなかった。巨人には売り出し中のショート坂本勇人がいたからだ。

「これはチャンスが少ないやろな……」

ドラフト会議で山田を指名したのはヤクルトだった。1位とはいえ、ハズレのハズレ。斎藤佑樹(早大-北海道日本ハム)、塩見貴洋(八戸大-東北楽天)を引き当てられず、将来性を買って即戦力投手から高校生野手に変更した。

結果的に2度もクジに外れたことがヤクルトにとっては幸いする。これがドラフトの妙であり、人生の綾である。

山田にとって打撃の師が杉村なら、守備の師は入団時の二軍内野守備走塁コーチの土橋勝征である。現役時代は〝いぶし銀のセカンド〟として鳴らした。

ファームで山田は土橋からマンツーマン指導を受けた。

山田の回想。

「練習量が多く、しかも黙々とやるんです。しんどくて、もうやめたいと何度も思いました。

土橋さんからは小さい練習用のグラブを渡された。それまでは打球をグラブの網の部分で捕っていたんです。これだと握り替えが増えるから送球が間に合わない。

今にして思えば基本中の基本ですよね。これを徹底してやる。同じことを繰り返しやらされました。おかげで集中力も身につきました」