地方政治における政党の地域特性: 都道府県別政党割合ランキング

地方議員1万5千人以上を選ぶ統一地方選挙

いよいよ統一地方選挙も12日投開票の前半戦がスタートした。

こうした状況でも、多くの方々にとっては、「政治なんて誰がやったって変わらない」といったところだろうか。「政治不信」で「政治離れ」が進んでいると言われる中、さらに、そもそも地方自治に関心が薄いことを考えれば、「自分たちには関係ない事」と考える人も多いのかもしれない。

前回の2011年統一地方選挙においては、44の道府県議会議員選挙や13の知事選挙など、1,797選挙の約58.0%にあたる1,042選挙が実施され、4年前の統一地方選挙では全国に37,302人いる地方政治家の内15,841人が選ばれた。

統一地方選挙とは、これだけ多くの政治家を一気に選ぶ、国民にとって非常に影響の大きい出来事である点を共有いただければと思う。

平成の大合併によって、1999年から2006年の間に、自治体の数は約3,000から約1,800に激減した。2003年時点との比較でも、約62,000人以上いた地方政治家の数は、この平成の大合併と時期を同じくして約2/3に、さらにその後も定数削減の流れの中で、2014年には約33,000人まで大きく減った。

図表1:地方政治家(知事・市区町村長・地方議員)総数の推移
図表2:地方政治家(知事・市区町村長・地方議員)の所属党派別人数の推移