情勢悪化で中国が注目 戦禍に苦しむ国の〝金髪美女〟を嫁に!

ベスチ(ウクライナ)より

2015年04月19日(日)
〔PHOTO〕gettyimages

紛争で疲弊したウクライナに、中国人男性が押し寄せている。男女比の不均衡で嫁不足が深刻な中国で、ウクライナの女性に期待が寄せられているのだ。中国メディアも「経済はボロボロだが、あの国には美女がゴロゴロいる」と書き立てている。

この傾向は最近のことだとウクライナの結婚相談所は言う。

「ここ3ヵ月だけで、数十名の中国のお客様が登録されています。中国でウクライナ情勢について報道されるようになり、独身男性がウクライナに注目するようになったのだそうです」

ベスチ(ウクライナ)より

紹介料が安くないため、登録する中国人男性の年齢層は高めだ。その平均像は、安定した収入があり、成人した子供がいる43歳以上のバツあり男性。一方、彼らが求めるのは、未婚で子供のいない、自分より最低10歳は若い、細身のブロンド女性。

だが、アジアの男性はウクライナの女性たちにはあまり人気がない。それでも中国人男性からの問い合わせは引きも切らない。しかも彼らは花嫁を中国に呼び寄せるのではなく、自分が移住しようとする。ウクライナがこれほど中国人男性を惹きつけるのはなぜか。キエフの国際結婚斡旋業者はこう説明する。

「ウクライナは地理的にヨーロッパに位置しています。中国人の狙いは、ウクライナを足がかりに、他のヨーロッパの国に移住することなのです」

COURRiER Japon
2015年5月号

(講談社刊、税込み800円)発売中

amazonこちらをご覧ください。


  


 ★ 読みやすい会員専用のレイアウト
 ★ 会員だけが読める特別記事やコンテンツ
 ★ セミナーやイベントへのご招待・優待サービス
 ★ アーカイブ記事が読み放題
 ★ 印刷してじっくりよめる最適なレイアウト・・・などさまざまな会員特典あり

▼お申込みはこちら
 http://gendai.ismedia.jp/list/premium



最新号のご紹介

COURRIER最新記事
Ranking

「クーリエ・ジャポン」

More
Close