隘路に迷い込むテレ朝報道局。ニュースは予定調和に支配されたショーではない!
テレビ朝日HPより

視聴者に対して不誠実な報道姿勢

テレビ朝日報道局によれば、日本の警察はだらしなく、ほかのマスコミはテレ朝よりはるかに劣ることになる。なにしろ、警察のトップが狙われた「国松孝次警察庁長官狙撃事件」(1995年)の真犯人を、テレ朝だけが突き止め、警察は逮捕すら出来ず、ほかのマスコミも事実確認においてテレ朝に追いついていないのだから。

テレ朝は3月29日午後7時から、『世紀の瞬間&日本政府VS過激派テロリスト!! 未解決事件スペシャル』と題した特別番組を放送し、中村泰という別の事件での受刑者(84)が犯人だと繰り返し強調した。新聞タイトルでも「中村は200%犯人だ」と勇ましく謳った。

ところが、この特番には腑に落ちない点がいくつもあった。まず、報道局デスクが中村受刑囚との面会や手紙のやり取りに成功したことが、あたかもスクープのように扱われたが、そんなことはない。2007年までの時点で、複数のマスコミが中村受刑囚と手紙のやり取りをしている。中村受刑者による他社との交信の事実を報じなかったのは、視聴者に対して不誠実だろう。

「過去の他社への手紙には、こう書かれていたが、テレ朝に対する手紙には新事実が記されていた」などと説明するべきだった。なにより、中村受刑者がマスコミとの接触を嫌がらないという事実は、彼の人物像を表す重大なファクターであるはずで、やはり触れるべきだっただろう。

中村受刑囚はマスコミとやり取りをするたび、狙撃事件の犯人が自分であることを示唆した。だが、テレ朝以外のマスコミは「中村受刑囚はシロ」という判断をすでに下している。結局、どの社も中村受刑囚を取材対象から外した。他社はテレ朝に出し抜かれた訳ではないのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら