イベント・カンファレンス
なぜ「SXSW」は日本人に受けるのか? 街全体がお祭り騒ぎになったオースティンの様子をレポート

毎年3月に米国テキサス州オースティンで開催されるSXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)。Interactive(IT、デジタル関連)、Film(映画)、Music(音楽)の3本柱で構成され、10日間で数万人を集める巨大イベントです。今回初めてSXSW Interactiveに参加したフリーライターの公文紫都が、同イベントのレポートならびにビジネスとしての可能性を考察。前編では、SXSWの概要や期間中の街の様子についてお伝えします。

SXSWが注目される理由

はじめまして、ニューヨーク在住のフリーライター公文紫都です。今回初めて参加したSXSWについて、写真を交えて、振り返っていきたいと思います。

2015年のSXSWは、3月13日(金)〜3月22日(日)の期間に開催されました。私が参加したInteractiveは、13日〜17日まで(*トレードショーは18日まで行われたようです)。Intereactiveは、主にIT・デジタル関連のセッションや展示会が行われるイベントです。2015年のキーワードとして際立っていたのは、「IoT」「ビットコイン」「ビーコン」「AI(人工知能)」「ビッグデータ」「ドローン」。日本からも多くのスタートアップ企業が、自慢の自社製品を持ち込んで出展していました。日本勢は特に、IoT分野で強みを発揮していた印象です。

SXSWが注目される理由は、「多くの業界人が集まる場であること」「最新の技術・製品に触れられること」「著名人から専門家まであらゆる人の話を聞き、学べること」でしょう。 Interactiveのチケット料金は、825〜1,295ドル(早めに申し込むと割引される)と決して高くはありませんが、これほど注目を集めるのは、SXSWに最新のトレンドと学びの機会が凝縮されているからだと思います。SXSWの存在感は年々増しており、TwitterやFoursquare、PinterestがSXSWをきっかけにブレイクしたことも、記憶に新しいところです。

街中の至るところが会場になる

期間中は、オースティン・コンベンション・センターを中心に、街中のカンファレンス会場やホテルでセッション、トレードショー(展示会)、ピッチなどが繰り広げられます。2015年のトレードショーは、会期後半の15日〜18日に行われました。

(左)SXSW会場周辺図、(右)MAZDAの無料送迎キャンペーンの案内

こちらの写真は、受付時に配布される資料にあった会場図です。ご覧のとおり、街の至るところに会場が散らばっています。基本的にはすべて徒歩圏内ですが、一部離れた会場もあるので、そういう時にはタクシーやシャトルバス、人力自転車、または企業がスポンサーにつき無料送迎をしている乗用車や人力自転車があるので、そうした乗り物で移動できます。ちなみに、SXSW 2015の公式スポンサーであるMAZDAも、Twitterで「#mazdaexpress」と付けて投稿すると、無料送迎してくれるサービスを展開していました。