雑誌
絶望のシャープ 現役社員が次々と語る 上司は右往左往するばかり。意見具申すれば「ソニーの回し者か」と罵倒された(その1)

現社長・高橋興三氏〔PHOTO〕gettyimages

「次はあると信じています。信じているけど……」。現実を認めたくない気持ちも分かる。だが彼らの話を聞く限り、シャープの行く末は相当に厳しい。赤裸々すぎる告白の数々が、何よりの証拠だろう。

またリストラか…

「『人生には、分かっていても止められないことがある』

今の社内の雰囲気を一言で言えば、そんな諦め、無力感でしょうか。

3000億円以上の大赤字を出した'12年以降、社内の風通しをよくしようと、社内ネットワークを使った掲示板が設けられたんです。私は一度、自主的にレポートをまとめ、そこに書きこんだことがあります。『液晶だけでは、いくら頑張っても韓国や中国にマネされる。液晶にすべてを賭けるのは間違いだ』と。

しかしその後、出社した私に浴びせられたのは『アホか!お前はソニーの社員か。ソニーの回し者か』という罵倒でした」

こう語るのは、シャープ天理総合開発センターに勤める40代の男性社員だ。

ギリギリで踏みとどまり、ひとたびは危機から脱しつつあったはずの名門が、今度こそ本当に倒れようとしている。

'15年3月期の赤字再転落の見通し、そして三菱東京UFJ・みずほ両主力銀行への支援要請報道で、シャープの苦境が白日のもとにさらされた。社運を賭け、余力のほぼ全てを注いできた液晶をはじめ、あらゆる分野でまったく勝てない—。

「またリストラが始まる」「対象は広島にある福山・三原工場など」という報道もあったが、方志教和専務が「工場は継続する」と否定。だが、その後、国内で3000人規模のリストラ計画があることも明らかになった。

「つい先日、社内では『マスコミへ情報提供している社員がいるようです。このようなことが発覚した場合、懲戒処分もありえます』という通達が全社員に向けて出されました」(前出・男性社員)

今度ばかりはただごとではない。すでにカウントダウンが始まったのではないか—箝口令の敷かれたシャープ社内で、社員たちの緊張とストレスは日に日に大きくなり、爆発寸前だ。

この男性社員が勤める天理は、今のシャープの「原点」であり、大阪本社、亀山工場、堺工場と並ぶ重要拠点だ。

新技術開発を担う中央研究所と、当時最先端の半導体工場を、奈良県天理市郊外の高台に建てると決めたのが'68年。最盛期には3000人以上が社宅に住み、若者と子供の声が絶えず、活気にあふれていた。天理からは、電卓や液晶テレビなど、世界を席巻する新製品が次々と送り出された。

それから約半世紀。シャープは最近、各地に分散していた研究開発機能を再び天理に集約した。ただし、勤務する社員は約1300人と、往時の半分以下。建ち並ぶ社宅は打ち捨てられて土埃をかぶり、近隣の住民も「まるで廃墟だ」と気味悪がる。別の管理職社員がこう話した。

「2年半前の希望退職者募集で辞めた40代の元同僚は、いまだに再就職できずにいます。彼は部署内の評価が高かったから、やっていける自信があったんでしょう。

しかし会社は、最初のうちこそ『就職先は見つけてやるから』と言っていましたが、結局リクルートに任せきりで何の便宜も図らない。彼も彼で、企業を紹介されても『そんな条件じゃ暮らしていけない』と突っぱね続けているそうです。

ついこの前まで『できれば戻りたい』とこぼしていましたが、最近は『シャープはじきになくなるかもな』なんて言っています。潰れたら私はどうするか?どうしようもないですよね……転職しようにも、歳を食った社員はお手上げです。スキルが何もないですから」

'12年8月の希望退職募集では、全国で3000人近い社員がシャープを去った。しかし一部の工場では、そのとき一度退職したはずの社員が、昨年夏以降職場にちらほらと復帰しているという。

「年齢的には働き盛りなのに、再就職先が決まらないというOBがまだまだ大勢います。彼らの中には、退職理由を無理やり『自己都合』と書かされて、退職金を減らされた人さえいるんです。

私の同僚は『辞めるか、それとも福島の下請け会社に転職するか』と迫られたそうです。彼は最近天理で家を買って、お子さんも小学校に慣れたばかりだったのに、出て行ってしまいました」(前出とは別の40代男性社員)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら