雑誌
ドキュメントここで間違えれば会社は終わる 社長交代ホンダ・伊東孝紳の場合
伊東孝紳社長(左)は、後任に八郷隆弘氏(右)を選んだ〔PHOTO〕gettyimages

ジャーナリスト 井上 久男

伊東社長の就任以来、ホンダが掲げていたパワー・オブ・ドリームス—革新を求める「夢の力」は失われていった。どうしてこの突然の交代劇に至ったのか。そしてホンダは今後、どこへ向かうのか。

辞める気はなかった

「2015年、飛躍する準備は整いました。いまここで、新しく若いリーダーの下、一丸となってチャレンジするべきだと考え、八郷に社長を引き継ぐことに決めました」

2月23日夕方に開かれた記者会見の席で、ホンダの伊東孝紳社長(61歳)は眼鏡の下に涙を滲ませながら、こう語った。自らは社長の座を退き、八郷隆弘常務執行役員(55歳)が昇任する「社長交代」を発表したのだ。

今年に入ってから、驚くような社長交代が相次いでいる。1月20日、三井物産が飯島彰己社長(64歳)に代わる社長に安永竜夫執行役員(54歳)が就任すると発表。ヒラ役員からの32人抜き人事が話題を集めた。

3月12日に発表された、TBSの社長交代人事も電撃的だった。4人いる常務のうち3人を退任させ、石原俊爾社長(69歳)に代わってヒラの取締役だった武田信二氏(62歳)が就任するというものだった。

社長にとって最後の仕事となるのが後任選びだ。ここで間違えると会社は終わる。もちろん、社長になれるのはたった一人。誰もが納得するような、円満な社長交代は難しい。そう思わざるをえないが、ホンダの伊東社長の場合はどうだったのか—。