「見える手」による株高トレンドの死角とは
                                                                                                                    photo Thinkstock

ターゲットは一段高の「2万100円」?

アダム・スミスの有名な言葉に「見えざる手」がある。そして現在、安倍晋三首相のアベノミクスの「官製相場」は株式需給に直接訴える「見える手」によって上昇トレンドにある。

売リ方の買戻しを誘うべく海外のヘッジファンドなど短期投機筋が4月からの新年度を前に日経平均株価2万円大台回復を視野に入れつつあるという。アベノミクスの「第3の矢」である成長戦略の中でも岩盤規制改革に懐疑的だった海外の年金基金など機関投資家も日本株買いに傾斜してきている。加えて、国内機関投資家の買いが色を添えている。

3月末年度内の「2万円相場」の声は必ずしも強くなかったが、先週1週間の上げ幅が300円超へと拡大、買い遅れた長期機関投資家の焦燥感を募らせ15年ぶりの1万7500円回復を後押しした。まさに日本株「持たざるリスク」の覚醒である。

ところが3月26日、東京株式市場は米国景気の先行き不透明感や外国為替市場の円高ドル安進行に嫌気し、日経平均株価は270円超下げの1万9500円割れとなった。調整段階に入った感がある。

それでも某外資系証券会社幹部は「日経平均は25日移動平均(1万8861円)を下回らない限り、上昇トライ相場が続く。テクニカル分析によれば、2004年当時の高値の2万100円が次のターゲットだ」と、一段高を予想する。