[BCリーグ]
群馬・川尻哲郎監督「元DeNA・伊藤、セットアッパーの期待」

元DeNA・ソト、菊池も入団

 開幕まで残り2週間ちょっと。18日の北海道日本ハム2軍との交流戦を皮切りに実戦も増えてきました。日本ハム戦では堤雅貴、町田翔司がともに無失点ピッチングをみせ、今季もこの2人が先発の軸になりそうです。

 2人ともさらに上を目指すために必要なのは球のキレ、変化球の精度。自主トレからフォームも含めて、それを可能にするための練習をしてきました。最初の登板でNPB相手に結果を残し、いい方向に向かいつつあるのではないでしょうか。あとは実戦の中でバッターとの駆け引きや状況に応じたピッチングを磨いてくれればと思っています。

 昨季はリーグ優勝したものの、チーム防御率が4.54でリーグ5位。一方、チーム打率.298、チーム本塁打83本は1位で打高投低の成績でした。今季は中日や横浜DeNAで活躍したエンジェルベルト・ソト、元DeNAの菊池和正兼任コーチ、伊藤拓郎が加わり、投手力はアップしました。

 特に伊藤はまだ21歳。DeNAではいろいろとプロの指導を受けて混乱し、自分を見失ってしまった部分があったようです。故障して戦力外になったわけではなく、能力は十分にあります。実際、いいボールを投げており、大いに期待できるでしょう。開幕から抑えのレビ・ロメロにつなぐセットアッパーとしての起用を考えています。また適性をみながら先発をやってもらうケースもあるかもしれません。

 菊池兼任コーチはヒジの手術を受けた影響で、現状はコーチ業がメインです。ただ、キャッチボールは再開しており、温かくなれば、もっと投げられるようになるでしょう。かつて中継ぎでフル回転していた右腕ですから、若い選手をピッチングでも導いてほしいと思っています。またソトは先発で起用する予定です。

 投手陣をサポートするキャッチャーも元福岡ソフトバンクの八木健史が復帰しました。育成選手だったとはいえ、NPBを経験した選手ですから、大きな戦力です。扇の要の選手としてキャプテンも務めてもらうことになりました。グラウンド内外でのリーダーとして、チームを引っ張ってほしいと願っています。