雑誌
サラリーマンが嵌まる甘い罠「着服」の誘惑——最初はほんの出来心だった…
伊藤忠6億円 東レ2億円 NHK6200万円……
〔PHOTO〕gettyimages

「あれ、いまこのカネを懐に入れても、誰も気づかないよな?」。その瞬間、悪魔が囁く。一歩足を踏み入れたら抜けられない着服のドロ沼。その入り口はあなたのそばにもポッカリ口を開けている。

請求書のミスがきっかけに

取材の待ち合わせ場所に現れた元「着服犯」は、白髪の生え際に少し黒い髪の残る、温厚そうな男性だった。

「初めは、私の経理上のミスだったんですよ。ごく単純なミス……。それが30年以上勤めた会社を裏切る結果につながった。心の、弱さですかね」

従業員約30人を抱える神奈川県内の工務店で経理を担当していた村上重雄氏(仮名・62歳)は、こう語り始めた。

「あるとき、ネジやクギなどの金物を買っていた取引先のひとつから『未払いがある』と連絡があったんです。

おかしいと思って銀行の出金記録を確認したら、私が口座番号を間違ったらしく、誰だかわからない個人の口座に代金を振り込んでいました」

金額は2万~3万円だったという。村上氏が最初に思ったことは、「ああ、面倒だな」だった。

「2万~3万円のために大騒ぎして、銀行に話をしたり、返金を求めたり、社長に怒られたりする。そう考えたら気が重くなってしまって。