「悩み抜き、あの人のために」 東北に1万7000人以上の若者を派遣してきたNPO法人Youth for 3.11代表
石巻で漁業支援の手伝いをする永田さん(写真右から2番目)たち

NPO法人Youth for 3.11は東北にボランティアとして大学生を派遣する中間支援組織だ。同団体は東日本大震災の発生以降、延べ1万7000人以上の大学生を送ってきた。代表理事の永田和奈さん(お茶の水女子大学文教育学部3年)は東北で復興に取り組む「あの人のために」という思いで、学生に呼びかけるが、派遣先団体の顔が見えるようになるまで、直に現場にはかかわらない中間支援組織ならではの悩みもあった。

永田さんの悩みとは、同団体で大学生と東北をつなげても、復興の一助になっているという手応えを感じられないことだった。彼女が団体に加入したのは、大学1年生のとき。以来、石巻や気仙沼、陸前高田など、被災直後の東北の現場を訪れたが、被災した建物や傷ついた人の姿を見るたびに、「何かしたい」と焦りが募る一方だった。

Youth for 3.11では、2011年3月11日から、延べ1万7000人の大学生を、東北で活動するNPOやボランティア団体に派遣。派遣先のツアーもさまざまで、仮設住宅に暮らす漁師のもとで数週間ホームステイするものから、日帰りのものまである。

多くの大学生と東北をつなげてきたが、永田さんは、「なかなか手応えを感じられなかった」と打ち明ける。ボランティア団体に送客することだけでも価値があることだが、現場に直接かかわらないため、裏方としての意義を見出すことができずにいたのだ。被災現場を見ていただけに、「本当に役に立っているのだろうか」と自問自答を繰り返した。

そんな永田さんだが、今年4月で、大学最終年となり、同時に、団体の代表に就任する。1年生のときに感じた悩みは徐々になくなってきたという。その要因の一つに、「顔が見えたこと」がある。

永田さんは、「今では、派遣先地域それぞれでがんばって活動している人たちの顔が浮かぶ。津波でご両親を亡くしたのに、懸命に両親が好きだった土地の復興に勤しむ人もいる。そんな人たちとたくさん出会ってきて、『あの人のもとへ届けたい』という明確な思いで集客できている」と話す。