【沿線革命031】 上野東京ラインの「トラブル波及」「分かりにくい行先」を「やり過ぎない直通運転」で解決

南方面の郊外駅

東海道本線・横須賀線の大船のそれぞれ1つ先の藤沢と北鎌倉の現行と提案の時刻表を示す。

現行、藤沢は、1時間に8本あるものの、2分続行や3分続行があり、最大14分空く。新宿方面は2本しかなく等時隔でもない。

意表を突いて不便なのが恵比寿との行き来で、1時間に1本の特快が通過し、直接行き来できるのは1本しかない。湘南新宿ラインは当然に恵比寿に停まると思って乗り間違えた人も数多いだろう。

北鎌倉は、東京方面は戸塚で接続の良い東海道本線があれば乗り換えた方が速いのだが、現行のダイヤは接続の配慮があまりない。新宿方面は1時間2本のみだ。

提案では、藤沢は東京方面のみが10分おき、北鎌倉は新宿方面と総武快速線直通を各20分おき、併せて10分おきと分かりやすくし、全列車とも戸塚でそれぞれ新宿方面・東京方面へ待ち時間ゼロで対面乗り換えできるようにする。

現行よりはるかに便利だろう。茅ヶ崎も平塚も国府津も小田原も、鎌倉も逗子も横須賀も同様である。

現行は1時間に1本ずつ、湘南新宿ライン経由の特快と上野東京ライン経由の快速があるが、北方面と同様に今回の提案では廃止する前提とした。

なお、今回は南行のダイヤのみを練り、北行は練っていないので、時刻は仮とした。実際に練るのは容易でない。

大崎(旅客案内の時刻表では西大井だが運転取扱い上は大崎構内)で湘南新宿ライン南行と横須賀線下り、上野で宇都宮・高崎線上りと常磐線下りの平面交差が発生し、ダイヤ設定の制約条件となる。また、特急「ひたち」「ときわ」「踊り子」「成田エクスプレス」のスジも配慮しなければいけない。

都心駅

東京と新宿の、それぞれ北行・南行の現行と提案の時刻表を示す。上野・新橋・品川は東京と、池袋・渋谷は新宿と同様のパターンである。

平日の12時台の都心から郊外方面の現行と提案の時刻表(独自に作成)

各方面とも、乗車チャンスが増え、等時隔で分かりやすくなり、東京(新橋と品川も)から横須賀線方面は、東海道本線を利用して戸塚で乗り継ぐことにより所要時間が短縮される。