[バスケットボール]
杉浦大介「日本期待の星・渡邊雄太の現在、未来」

体格とスキルを兼ね備えた逸材

希有な才能を備えた渡邊の成長に期待がかかる。Photo By GW Athletics

「このサイズで、これだけの動きができる日本人選手がいるのか……」

 今季の米大学バスケットボールシーズン開幕直後、渡邊雄太を初めて観たとき、そのプレーの質に少なからず驚かされることになった。身長203cmという長身ながら、スムーズに左右に動き、シュート力、スキルまで備えている。そんなジャパニーズには、これまでほとんどお目にかかったことがなかったのだ。

 その渡邊にとってのNCAAディヴィジョン1(1部)での1年目も、大詰めを迎えている。所属するジョージ・ワシントン大はレギュラーシーズンでは20勝11敗。A(アトランティック)10カンファレンス・トーナメントでは準々決勝敗退に終わり、目標にしていたNCAAトーナメント進出は叶わなかった。それでもNITトーナメントでは1回戦突破し、22日にはテンプル大との2回戦に臨む。
(注:NCAAトーナメントは通称“マーチ・マッドネス”と呼ばれる全国大会。NITはその大会に出られなかった中で32チームが選抜されて行なわれるトーナメント)

 アメリカの首都に本拠を置くこのチームで、渡邊も主力選手として活躍してきた。開幕当初はシックスマンとして起用され、シーズン途中からスタメン入り。平均22.2分で7.2得点、3.6リバウンドという数字だけをとれば特筆すべきではないように映るかもしれないが、1月10日まで6試合連続で2桁得点をマークした期間もあった。2年連続NCAAトーナメント進出を目指したミッドメジャーの強豪校の一員として、システムの中で残した実績だけに価値はある。

学業も優秀な渡邊は英会話も上達中。会見に登場する(一番左)機会もあった。

 今季を通じて渡邊の知名度も徐々に上がり、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズといった大手紙でも特集を組まれた。身長203cmの左利きフォワードは、日本人4人目のディヴィジョン1プレイヤーとして、1年目から確かな足跡を残してきたと言ってよい。

 そんな渡邊にももちろん課題は少なくない。才能は日本人としては飛び抜けていても、アメリカではフィジカルの強さ、パワーで見劣りする。それゆえに、現時点ではリバウンド、ディフェンスが弱点となっている感がある。

「僕は身長もあって、それなりにジャンプ力もあると思うんですけど、やはりスクリーンアウトしていても相手に押されるとリバウンドが獲れなくなってしまう。そこは、これからもずっと課題だと思います」

 今季開幕直後にそう語っていた通り、聡明な渡邊本人も自身に足りない部分は認識している。1月31日以降の13試合で4リバウンド以上が7戦と少しずつ向上したが、フォワードとしてリバウンド力はまだ物足りない。